【新入社員必見】忘年会で余興のネタ選びで注意すべき事は?

こんにちは!

理学療法士として活動している「マッキー」といいます!

毎日12時間労働の激務と人間関係で疲れ切っていた毎日を過ごしていました・・・。

 

唯一の楽しみが、コンビニ弁当とスイーツのやけ食い。

気がつくと体重はブクブクと太っていき、

体型の変化が自信を奪っていき、ネガティブマインドに。。。

こんなんじゃ、一回しかない人生を後悔してしまう!!

そんな危機感が芽生えたため思い切ってダイエットをスタート

体型が原因でいじられキャラになった男の下克上物語をブログにしています!

ダイエット下克上物語を公開中

管理人のダイエット物語は詳しくはこちらをクリック!

会社に勤めているサラリーマンの方にとっては12月は忘年会のシーズンに入ります。

中には参加したくないという方もいるでしょうが、

一年のお疲れさん会と思って気軽に参加しましょう。

また新入社員にとっては、忘年会は名前を売る大チャンスなのですよ〜

 

でも、注意しなければならないのはハメを外しすぎないこと!

ということで、今回は新入社員が忘年会の注意すべきことをまとめてみました!

新入社員が忘年会で行う余興はどんな物がいいのか?

新入社員にとっては、会社に入って初めての忘年会です。

今までは同じ年代の友人との忘年会から一気に縦社会の厳しい世界の忘年会になってしまうのです。

(認めたくはないですけどね・・・)

 

新入社員にとっては、この一年は仕事を覚えるだけでいっぱいで、名前も覚えてもらえなかった可能性もあります。

忘年会の余興では、なるべく自分の名前を覚えられるようなインパクトのある余興等がいいでしょう。

ただし、新入社員ですから、フレッシュな物がいいかもしれませんね〜

 

同期で配属させられていれば、同期同士で何かをやるのが一番ですが、

配属先には同期が1人もいない場合は1人でこなさなければなりません。

 

会社側もこの新入社員の度胸やどんなタイプなのかを判断している事も多々あるので、

ある種ふるいにかけられていると思ってた方がいいでしょう。

 

奇抜な演出をするなら、パティーグッズのコスプレ衣装でアイドルの歌を歌う。

又は流行りの曲のダンスを披露する等が一般的であり無難だと思います。

 

またちょっと手先が器用な方なら、こちらもパティーグッズで販売されているテーブルマジックなどを良く練習して、

上司のテーブルで披露する等をするのもインパクトを与えるには十分でしょう。

基本的にはお酒が入っている席ですから、多少の失敗はありますが、それでもめげずに最後までやりぬく事が大事ですね!

 

う〜ん、新入社員って大変ですね・・・。

 

新入社員が忘年会の余興で注意しなければならない事とは?

初めての会社の忘年会ですから、新入社員は大体が、幹事さんのお手伝いに入ると思います。

それでいて、お酒や食べ物を食べるわけですから、結構忙しくなると思います。

 

それでも、新入社員は余興を行わなければなりません。

これを行う事で、先輩達からの評価も変わってきたりします。

ただ注意しなければならない事もたくさんあるのです。

 

1.確実に周囲に気を配る

お店を貸し切りにしている場合は大丈夫ですが、貸切でない場合もありますからその様な場合には、

他のお客に迷惑にならないように注意しましょう。

 

2.場の空気を読む

余興をするに当たっても、気を付けなければならないのは、

40~50代の方々でもわかるような余興をしなければなりません。面白ければいいのですが、

20代にしかわからない余興をしては、他の年代の方がしらけてしまいます。

 

3.カラオケ

余興でカラオケをする場合には、上司の十八番を歌わないように前もってリサーチしておく必要があります。

また女性上司の場合には、好きだったアイドルなどの爆弾を踏まないようにしなくてはなりません。

確実にリサーチあるのみです。

 

まとめ

 

新入社員が忘年会の余興で注意しなければならない事などを紹介してきました。

基本は新入社員ですから、はっちゃけても構わないのですが、はめをはずし過ぎない事も大事です。

社会人ですから学生のノリのような余興は確実にさけ、社会人らしさのある落ち着いた余興でもいいと思いますよ〜

 

大変ですが、飲み会とはいえ忘年会は仕事のうちなので参加したくない気は十分にわかります・・・。

下の世代が入って来れば楽になるはずですので頑張ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です