厄払いっていつからいつまで?正しい時期と厄除けの由来や意味とは?

毎年、年の初めに初詣に行くことを恒例行事にしている方も多いのではないでしょうか?

 

神社や厄除け大師等に初詣に行くと、よく見かける

「今年の厄年方の年齢や生まれた時の年が書かれた年表」

 

よく、「厄除けした方がいい!」とは聞いたことがあるかもしれませんが、

本当にではこの厄年に厄祓いをしなければ、何か災いが起きるでしょうか?

(信じるか信じないかは、あなた次第!?)

 

ということで、今回のテーマは「厄除け」についてピックアップしてみました。

 

そもそも、「厄除け」ってどんな意味や由来があるのでしょうか?

そして、厄除けっていつまでにいかなければならないの?

などの疑問についてリサーチしてみました!
 

そもそも、「厄払い」をする意味はあるのか?

今年は厄年だから気をつけなさい。厄祓いしときなさい。などと親に言われことがある人も多いと思いますが

「そもそも、厄払いって意味があるのか?」と疑問に感じるのは私だけではないはず・・・笑

 

厄祓いをする意味は、毎日溜まる厄が男性は42歳 女性は33歳で大厄(本厄)と言う年になります。

 

男性の場合は42=死に 女性の場合33=さんざんと言う意味合いがあるようです。

(要するにダジャレか?笑)

 

いろんな説があると思いますが、特にこの年は、健康面や社会的側面でも大きな責任を持つべきとされる年齢ですから、

体調面でも変化を起こしやすい歳と考えてもらってもいいでしょうね〜

 

神社やお寺で厄除け祈願をする事で、体の体調が悪くならないように、

災難を回避できるようにとお願いしたり心を鍛錬するいみがあるようです。

 

そもそも「厄払い」の由来はなんなのか?

厄祓いが始まったのは平安時代または、それ以前から行われてた、一般的風習だったと考えられます。

科学的根拠が無いので経験則に則って行われている習慣とでも言うべきものです。

 

また平安時代に広まったと言われる陰陽道が始まりとも言われていますが、実はこれも定かではありません。

ただ、昔の日本では男性は42歳、女性は33歳で家督を継いだり、子育てが終わったりとした年齢でもあった為に、

これで神社仏閣で役を果たせる年齢になった年齢でも有った訳です。

 

この年代になると、肉体的にも精神的にも変化が訪れやすくなる年齢であった為に難を呼び込まないように

厄を払って平穏無事を祈ることが広まって行ったと考えられています。

 

まぁ、人間の社会的な背景も含めて体にガタがきそうな年齢と「厄年」が重なっているのでしょうね〜

 

厄祓いするのは、いつからいつまでにおこなうべきなのか?

 

そうなると厄祓いをするのにはいつからいつまで行わなければならないルールがあるのでしょうか?

 

実はにこれは、神社仏閣によって違ったり、地域によっても違いはあります。

今年は本厄だからと言って初詣の時に厄除け祈願をされる方が一番多いかもしれませんね。

 

その他にはお正月から旧正月までの間に厄除け祈願をしても良いとも言われています。

他には、節分の時に、鬼を厄と見立てって厄祓いすると言う所も存在しています。

 

この時期を逃してしまったと言う方もいるかもしれませんが、

その様な時には何かの節目、誕生日等の節目で行っても問題はないそうですよ!

 

ある意味気持ちの問題と言う所でもありますよね(笑)

 

まとめ

 

今回は厄祓いの由来やする意味、厄祓いをするにはいつがいいのかを紹介してきました!

確かに男性の42歳というと、会社勤めをしている方は中間管理職の方も多くストレス三昧ですよね。

女性の33歳も家事や仕事、さらに子育てなど何かと負担になりやすい年齢かも!?

 

家庭では子どもたちが受験期だったり、住宅を新築したばかりなど、

いろいろな出来事がかさなり合う時期でも有りますから体調を崩しやすい時でもあります。

体調管理は、自分で行うしかありません!

神頼みをする前に、私は自分でストレスコントロールを見つめ直す方が大切だと思いますね〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です