自己管理ができない人の共通点は?あなたの目標達成を近づける3つのポイント!

子どもの頃に、親に自己管理しなさい!

また、学校や・会社などでも「自己管理がなっていない!」

なんて言われた事のある方もかなり大勢いるのではないでしょうか?

確かに、自己管理って社会生活を過ごす上でものすごく重要だし、ダイエットを成功したい!

というのも、結局は自己管理の問題ですよね〜

そこで、ちょっとした疑問が…

自己管理のできない人って何が足りないのでしょうか?

学生、社会人ともに「自己管理」がしっかりとできていれば、自己実現・目標達成は意外にも用意なハズ!

今回は誰もが気になる、自己管理についてまとめてみました。

そもそも、自己管理とは一体どう言うこと?

ただ漠然と自己管理しなさいと言われても何が何だかわからないのが本当のところだと思います。

本来の自己管理とは、自分での定めた目標に向かって、自分の精神や行動をコントロールする事です。

いかにモチベーションを高めそれを維持して目標を達成する事が出来るかということになりますね。

 

自己管理ができていない人の特徴・理由

自己管理とは目標に向かって、自分の精神や行動をコントロールすることですが、

簡単そうに見えて意外と出来ない方が多いのです。

 

例えば身近な例をあげてみましょう。

5kgのダイエットに挑戦すると目標を掲げた時に、食事を少なくすることや甘い物を食べない等を考えますよね。

それをすれば目標達成に1歩近づくのですが、心が折れてしまい「明日から始めよう」として食べてしまう。

これが簡単に言うと自己管理が出来ていない人になります。

つまり、自己管理ができていない人の特徴・理由は・・・

①目標設定に対しての意味を見失ってしまう

②モチベーションを維持できない

③自分しか通じない理由で決めた事を破ってしまう。

など様々な要因で、設定した目標をなかったものにしてしまう事が自己管理が出来ていないと言われる所以になります。

 

なぜ自己管理が出来なくなってしまうのか?

先ほどあげた例で言うと5kgのダイエットを目標にしたのですが、甘い物が目の前に出されて食べてしまうことで、

ダイエットの失敗につながる事になります。

じゃあ、なぜ「頭では、わかっているのに身体が違う行動をしている」なんてことが起きるのでしょう。

先ほど、述べた特徴をもう少し具体的に解説しましょう。

 

1.目標は高くても構わないのですが、その先の真の目的意識が無いと達成する事が難しくなる。

5kgダイエットは目先の目標値であり、その真意には、5kgやせたら着たい服がたくさん着れる。

好きな人に告白するなどが真の目的となるのです。真の目的を見つけ出さないと結果はついてこなくなります。

つまりは、頭の中で成功体験のイメージをより具体化することですね。

「なんとなく、あのようになりたい!」ではなく、

「ダイエットに成功したら、〇〇をする!」

というマインドチェンジが必要ということです。

 

2.モチベーションの維持が出来ない

5kgのダイエットを目標にした時には、誰もが「がんばるぞ~」とモチベーションが高い状態にいます。

ただ漠然とした目標ではモチベーションを高いままで維持する事は出来ません。

こちらも目標の達成の向こう側にある真の目的を理解していない為に、モチベーションを維持する事が出来なくなってしまうのです。

 

3.自分だけにしか通用しない理由で決めごとを破る

ダイエットする為に、甘い物は食べないと決めたのに・・・

ファミレスにて目の前で友だちがスイーツを注文。

美味しそう・食べたい・明日からでいいや等と自分で決めたルールを自分だけしか通用しない理由でルールを破ってしまう。

この場合も真の目的を理解していないのとその真の目的を見失ってしまっている事になります。

 

目標値を定めた奥の真の目的を達成する事が、最終目標であって、

5kgのダイエットは真の目標に対しての基準値を定めたものに過ぎない事を理解しなければなりません。

真の目標・目的達成をする事が自己管理が出来ている証拠になります。

 

自己管理出来ない場合の改善策・対応策

目標をきめたのに達成する事が出来ないと自己管理が出来ていない事になりますが、

真の目的を見失わなければ、自己管理をうまく出来る事につながっていきます。

1.目標を紙に書いて見える位置に貼りつける。

人間は忘れる動物なのです。頭で描いた目標はいつの間にか記憶の片隅に追いやられてしまいます。

あ~これやるの忘れた~なんてことありませんか?

自己管理を確実にしたい場合は、紙に書いて自分が確実に見える所に貼りつける事をするだけで、

常に意識するようになります。これだけでもかなりの効果があげられることになります。

2.リスクを背負う

会社勤めをしている場合には仕事の目標が達成できなければ、給料やボーナスで金額が下がってしまいます。

これは仕事をする際にせおうリスクです。

自分で決めた5kgダイエットには、リスクはありません。

リスクが無ければ人間必死に物事に取り組む事をしなくなります。

5kgダイエットが失敗したら、好きな人に告白する事を諦める。

友だちに御馳走をおごる等の自分に対するリスクを背負う事が、

目標達成に必要なモチベーションの維持を高い状態にしておく事が可能になります。

3.三日坊主でも諦めない

自分が決めたルールをこなして行くうちに、フッと気が抜け瞬間がどうしても出来てしまいます。

3日目の落とし穴と言っても良いでしょう。3日できた満足感から気が抜けてしまい甘い物を口にしてしまった。

なんて事は確実に起こりうる事です。

そこで、甘い物を口にしてしまった事で「も~いいや~」と思い諦めてしまっては元も子もありません。

ここで「また3日がんばろう~」と思ってやり続ける事に意義が産まれて来るのです。

3日坊主を10回繰り返せば30日目標に向かって頑張れた証拠ですし、30日間連続ではないですが、

自己管理が出来ていたと言う事になりますからね。

 

まとめ

自己管理が出来ない人について紹介してきました。

全ての人が自己管理を出来る訳ではありません。

何らかの目標意識が高く、その目標を達成した後にある真の目的を意識している人だけが自己管理を出来る人になるのです。

それは、かなりプロ意識が高い方になります。

会社の社長であったり、プロのスポーツ選手が代表的な人達でしょう。

でも自分でもちゃんとした真の目的の意義を忘れなければ自己管理は必ずできることにつながっていくのです。

目先の目標ではなくその奥にある目標を見据えて行動する事が自己管理へとつながっていくのです。

さぁ、あなたも自己管理を見直して「目標の達成」を実現してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クロネコ

こんにちは!クロネコという名前でこのブログを運営しています! リアルな仕事では、英語を使った接客業・英会話講師をしています。 めっちゃ面倒くさがりで飽き性な私でもできた英語勉強法を、このブログに訪れてくれたあなただけお届けします♪