退職届を出すタイミングはいつが無難?退職理由は上司に正直に話すべきなの?

あ~こんな会社辞めてやる!ってほとんどの方は一度は思ったことはあるのでは無いでしょうか??

はい、、、私もその中の一人です笑

 

会社を辞める時のほとんどは、仕事がうまく行っていない・人間関係でうまくいかない等理由は様々ですよね〜

でも会社を辞めると決めた時に退職届を出すタイミングって難しくありませんか?

 

こんな会社辞めてやる!!って思ってもなかなか切り出すことができずに、

そのままズルズルと続けてしまう。。。

 

まぁ、すぐに辞めろとは言いませんがモチベーションが低いまま仕事をしていてもお互いにメリットにならないのは当然です。

今回は、「退職届を出すタイミングはいつがベストなの??」

というテーマでお届けしたいと思います!

スポンサーリンク

 

退職届を出すにはどのタイミングが無難なの?

 

退職届と一言、言ってもその意味合いは、○月○日に退社します。と会社側に宣言することです!

基本的には、やっぱり会社に残りますと言う事は言えなくなります。

退職届は確定事項と考えてもらえればいいでしょう。

では、この退職届を出すには、どのタイミングで出すのが無難なのでしょうか?

 

一般的には退職届は退社する日の「1ヶ月〜2ヶ月前」

 

一般的に言われている退職届を出すタイミングは退社する日の1カ月~2カ月前です。

これには、自分が手がけている仕事の引き継ぎ事項や有給処理をする関係がほとんどです。

ですが、会社によってはこの日数は違っている場合があります。

 

社内規定には退職届を出すタイミングの日数が、必ず記載されています!

そのルールに則って退職届を出す事が一番無難ですね〜

 

退職届を出す時にも一般的には書き方のマナーがありますが、

社名でフォーマット化されているケースや書き方もある場合もあるので、それを使用するようにしましょう。

 

ちなみに私の場合は、退職は半年ぐらい前に意思表示して、退職届は約2ヶ月前くらいに提出しましたね〜

あのときは無駄に緊張したw

スポンサーリンク

退職届を上司に渡す前と渡す時のマナーはあるの?

 

 

退職届を出すときのマナーとして、やっぱり上司に渡す場合には直接手渡しする事がマナーです。

上司が帰ってから机の上に置いておいたりするのは、後で、俺はそんなのもらっていない!と言われかねませんからね^^;

 

また退職届を手渡した時に、必ず聞かれるのが、退職の理由でしょう・・・

嫌になった会社を辞める訳ですから、ここぞとばかりに悪口を言う方もかなり多い様ですが、それは止めておくのが無難です!笑

 

また自分の家族の介護や自分の病気などを理由とした場合に、もしかすると、会社側から勤務形態変更の話があるかもしれません。

この理由の場合には、退職届を出す前に、上司や周りの方に相談するのがいいかもしれません。

 

ただ、確実にこの会社から完全に身を引きたいと考えている場合には、どんな理由があるにせよ、

一身上の都合で辞めさせてくださいと言っておくのがいいでしょうね!

一身上の都合と言う事であれば、忖度してくださいと言っているのと同じですから、

上司もそれ以上は必要以上に聞いては来ないでしょう。

 

ちなみに私のときは、、、

「一身上の都合」&「やりたいことができましたのでそっちに専念します!」

の最強タッグ二つで乗り越えました笑

 

まとめ

退職届を出すタイミングと退職届を出す時のマナーについて紹介してきました!

最近ではなかなか辞めさせてくれない、ブラック企業が多く存在している様ですが、

この届は基本的には労働者の自由意思ですから、本来であれば止める理由はありません。

ただ言える事は、本当にこの会社を辞めていいのか?を良く考える事です。後悔は先には立ちませんからね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です