年賀葉書(ハガキ)1枚の値段はいくら?2017-18年の発売はいつからいつまで!?

日本の年初めの恒例行事とも言えるのが、年賀状による新年のあいさつですね!

普段連絡をなかなかできない方へも1年に1回は挨拶を誰もが年賀状を送っているのではないでしょうか。

2017年から郵便用料金の値段が改正されているので年賀はがきも、高くなっているのでしょうか?

 

近年では、年賀状を送る文化も少しずつ廃れていっているような感じもしますが、

やっぱり職場の上司や営業先などには、ビジネスマナーとしてまだまだ年賀状は必要ですよね!

 

ということで、今回は2017-2018年に発売される年賀ハガキの値段と発売日についてまとめてみました。

年賀はがきの1枚当たりの値段は?

2017年6月1日より日本郵便株式化会社は郵便料金の値上げをおこなっています。

通常のハガキは1枚52円から62円へと10円の値段が高くなっています。

 

郵便物の値上げの原因については、郵便物の減少に伴っての人件費の拡大・大型郵便物の増加にあたり、

配達先が不在で持ち戻って、更に再配達を行うことでコストが増加してしまった為に、

一部慮金の値上げをする事になりました。

 

そうなると、年賀はがきも1枚当たりの値段も高くなるのでしょうか?

 

日本郵便では、日本郵便発行の年賀はがき・私製の年賀はがきに限っては

2017年12月15日から2018年1月7日までの間に投函すれば、2017年の料金改定前の52円で配達してくれます。

 

但し、私製の年賀はがきは、切手の下に年賀という文字を書かなければ通常の郵便料金とおなじ、62円となってしまいます。

通常の年賀はがきは52円からの販売になりますが、一部年賀はがきの料金が違うので気をつけましょう。

 

通常の年賀はがきと値段が違うタイプ

絵入り(寄付金付き)が57円 (52円年賀はがき+寄付金5円)

インクジェット写真用が62円 (10枚以上10枚単位の購入になります)

 

先ほど紹介した年賀はがきの投函期間を必ず守れば10円安く年賀はがきを送る事が可能です。

 

日本郵便としては、年賀はがきは、この期間の間で必ず出してください

と言う意味合いを含めていると思っていた方がいいでしょうね。

 

年賀はがきの発売開始日はいつから?

年賀はがきの1枚当たりの値段がわかった所で、年賀はがきの発売開始日はいつなのか?と言う事になります。

誰もが、年賀はがきを購入する時は、そろそろ年賀状を書かなきゃな~と思ってからの方も多いのではないでしょうか。

(私はついつい忘れちゃうんですけどね^^;)

 

年賀はがきの発売開始日は2017年度は11月1日からとなっています。

これは毎年恒例のように、TVのニュースなどで報道される事もあると思います。

 

この段階では、どのタイプの年賀はがきも郵便局で販売しています。

また日本郵便のHPでは、年賀はがきの予約受け付けも開始しています。

日本郵便公式サイト:https://nenga.yu-bin.jp/

 

年賀はがきを出す枚数が決まっていれば、日本郵便のHPで予約しておいた方が、便利ですよ〜

 

年賀はがきをパソコンで印刷する方も多いですから、インクジェット用の年賀はがきも販売されますが、

状況によっては、売り切れてしまう可能性もあるので、なるべく早めに購入しておく事が良いでしょう。

 

まとめ

 

年賀はがきの値段は1枚いくら?と発売日に関して紹介してきました。

最近でなかなか手紙やはがきを書く機会が、ほとんど無いのではないでしょうか。

メールやLINE等インターネットツールでのやり取りが出来てしまいますからね。

でも、せめて1年に1回は自分の手で書いた年賀状をあえ、相手に送るのもいい物ではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です