旺季志ずかの年齢や本名は?ドラマや著書の代表作や口コミは?

9月16日放送の有吉反省会にて、人気脚本家である、

旺季志ずかさんが出演されます!

 

有吉反省会では「急すぎるイメチェン」を反省するという内容です!

 

脚本家さんがバラエティ番組に出ること自体、珍しいな〜

と思っていますが、、

そもそも、旺季志ずかさんの代表作や著書ってどんなのがあるのでしょうか??

 

ということで、今回は「旺季志ずか」さんについてリサーチしてみました!

旺季志ずかさんのプロフィール

名前:旺季志ずか(おうき しずか)

出身地:徳島県阿南市

学歴:立教大学卒業

旺季志ずかさんは、本名・年齢は完全に非公開のようですね・・・

まぁ、脚本家さんですので、あまり表舞台に立つこはないので情報量も

まだ少ないようですね・・・

 

ちなみに、誕生日は公式ブログにてお祝いされた記事があり

2月14日が誕生日だそうです。

 

旺季志ずかさんは、大学卒業後、女優を志しておりましたが挫折。

その後、シナリオ講座を受講し、その時の講師であった「松本功」を師匠として脚本家に転身されました。

一度挫折を経験されているのですね〜

そういうエピソードがあると、なんか親近感もてるし、

四分も頑張らないかんなぁ〜って思っちゃいますね!

 

そして、旺季志ずかさんは、高層ビルガラス精巣から銀座ホステスまで約50種類の職業を体験し

ど貧乏、シングルマザー、いじめ不登校、共依存、恋愛依存、熟年離婚、ステップファミリー

などなど、あらゆる実体験を脚本に生かしているそうです!

 

どんな体験でも、自分が好きな仕事に生きるってすごく羨ましいですね〜

特に脚本家や作家さんなどは、よりクリエイティブな力が要求されるので、

いわゆる、「普通な生活」では面白いものは生まれないのかもしれませんね。

旺季志ずかさんが、手がけたテレビドラマは!?

 

旺季志ずかさんが携わったテレビドラマは、実は有名な作品がたくさんあるのです!

「カラマーゾフの兄弟」

「女帝」

「ストロベリーナイト」

「正義の味方」

「特命係長 只野仁」

「トイレの神様」

「佐賀のがばいばぁちゃん」

いずれも、超ヒットドラマばかりですね〜

恥ずかしながら、リサーチするまで、旺季志ずかさんのことを知らなかったのですが

めっちゃくちゃすごい脚本家さんだったのですね〜

 

旺季志ずかさんの代表著書は??

 

旺季志ずかさんの代表著書といえばこちら!

こちらの作品は、エンタメと自己啓発を融合した作品として話題を呼びました!

 

口コミをまとめると、、

イラストが無い割には、とにかく読みやすい!!

さすが脚本家が書いた本だとわかるぐらい、登場人物のセリフのインパクトの強さが感じられます。

幼い子が読んでも、大人が読んでもストーリー描写が引き込まれるような感じで

成功哲学の「思考は現実化する」のエッセンスを表現されています。

ですので、普段本を読まない初心者にも、かつ行動したいけど勇気が無い!という方にオススメの一冊ですよ!

 

まとめ

 

今回は、人気脚本家である「旺季志ずか」さんについてリサーチしてみました!

脚本家さんて普段は、表舞台に立つイメージが無いのですが・・・

見た目といい、実力といい、キャラクターといい、ぜひ表舞台にも立ってほしい脚本家さんですよね〜

これからさらに活躍されそうな予感ですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です