ノロウイルスの原因になりやすい食べ物(食材)とは?予防するための対処方法は?

冬の乾燥した時期になるといろんな病気にかかりやすいですが、

その中でもしんどいのが「ノロウイルス」ではないでしょうか??

 

私も、ノロウイルスにかかったことがあるのですが、

下痢や嘔吐が止まらないほどしんどいものはありませんよね。

ずっと家にいなければならないというストレスもかかりますし・・・

 

さて、このノロウイルスは、そもそも何が原因で嘔吐や下痢などの症状を引き起こすのでしょうか?

そして、ノロウイルスの原因となりやすい食べ物と言うのはあるのでしょうか?

 

今回は、原因となる食べ物をリサーチして効果的なノロウイルスの予防法をまとめてみました!

ノロウイルスになる原因になる食べ物の特徴や食材、保存状態も関係するの?

 

ノロウイルスになる原因として、考えられるのが「食材の汚染」と「二次感染」です。

二次感染ってあまり聞きなれない言葉ですが、簡単に説明すると・・・

体内に入り込んだ病原体が、完治する前に他の病気を引き起こすことです。

食材の汚染からノロウイルスに感染する場合に一番多く感染する食材と言われているのが、二枚貝です!

厚労省の調べでは、二枚貝によるノロウイルス汚染が断トツに多いことが判明しています。

そして、二枚貝の中でも特に多くのノロウイルス感染を引き起こすと言われているのが、牡蠣とのこと。

 

なぜ牡蠣が一番ノロウイルスに感染しやすいのか?

 

それでは、なぜ二枚貝のなかでも「牡蠣」がノロウイルスに感染しやすいのでしょうか??

それは「他の二枚貝とは違う食べ方をするから」と言われているのです。

 

それは、牡蠣は生食が出来る為に感染しやすいのです!!

ノロウイルスは、加熱する事で死滅する事がわかっています。

85度以上の温度で加熱してしまえば、ノロウイルスに感染することはありません。

牡蠣は生食で食べる事もできる食材ですから、感染者が一番多くなってしまうのです。。。

 

だから、「生牡蠣」を食べるときは、新鮮なものをしっかりと選んで、感染しないように気をつけましょう!

なぜ二枚貝がノロウイルスに感染しやすい?

 

さて、話を戻します・・・

そもそもなぜ、二枚貝がノロウイルスにかかりやすいのでしょうか??

 

二枚貝の多くは海岸の砂浜や岩場に生息しています。

海には何本もの河川が注ぎこんでいますが、その河川は生活排水を含んでいるのです。

下水処理をしてから河川に戻しているとは、言っても上水道の様に完全に除菌作業を行っている訳ではありません!

その生活排水の中に、ノロウイルスが繁殖していて河川に戻されます。

それを、二枚貝がエサのプランクトンを摂る時に一緒にノロウイルスも取り込んでいまい、蓄積してしまいます。

これを生で食べてしまうとノロウイルスに感染してしまう事になってしまうのです。。。

 

また冷凍食品に加工されている物からも感染する可能性があるそうですよ!

ノロウイルスに感染した冷凍食品を調理する時に加熱不足が原因で感染する可能性があるのです。

冷凍されているから解凍するだけもと考えていると、ノロウイルスに感染する可能性が非常に高くなってしまいます。

 

 

ノロウイルスを予防するにはどうしたらいいのか?

ノロウイルスに感染しない為にはどうすればいいのでしょうか??

それは確実に自らの予防しかありません。基本的な事は手洗いです!

 

石鹸で60秒間揉み洗いしてから15秒以上流水で流すのが理想的と言われています。

これでも、完璧にノロウイルスを除去しているとは言い切れません。

この手洗いの後にアルコール除菌する事がベストでしょう!

 

食材汚染が原因である場合には、確実に加熱調理をする事です。

85度以上の温度で調理をする事でノロウイルスの感染を防ぐ事が出来ます!

 

ノロウイルスの感染で一番厄介なのが汚染した調理器具を使用した場合に、

その調理器具から食材にノロウイルスが感染する可能性もあります!

 

この場合は、食材を調理する時に器具を使い回しする事をせずに、

次の食材を調理する前に除菌作業を挟む事で二次感染を防ぐ事が出来ます。

 

この場合はどこで感染したのかが判明しにくい為に感染が拡大する事があります。

この感染拡大を防ぐためには、手洗い・加熱・調理器具の消毒が欠かせない絶対条件と言う事になります。

 

まとめ

 

ノロウイルスに感染しやすい食べ物や予防する方法について紹介してきました。

特にノロウイルスに感染した子どもや高齢者の場合は重症化する恐れが高いので、

子どもや高齢者のいる家庭では、特に手洗い・加熱・調理器具の消毒は確実に行った方がいいでしょう!

 

ノロウイルスに感染すると本人は確実に苦しみますし、何より感染の原因を断ち切ることが大切ですからね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です