オランダ旅行の安い時期っていつなの?旅行費を安く抑えたいなら知っておくべきこと!

なかなか普段、海外旅行に行きたいけど行けない!という方も多いのではないでしょうか?

海外旅行に必要な条件は「時間とお金」があること!

しかーし、かかる費用は、どうしてもやっぱり抑えたいところ・・・

そこで、今回はヨーロッパでも人気の観光地「オランダ」の安い時期をまとめてみました。

「オランダ」といえば、風車とチューリップのイメージ!?

チューリップということは「春」。オランダを訪れる人が一番多いのは春です。

お目当てはチューリップ、水仙やヒヤシンスなどが咲き誇る「キューケンホフ(3月末~5月初めの8習慣)」の庭。

「花の絨毯を敷いたよう」といわれるこの風景を見るために、日本からだけではなく、世界中から観光客がやってきます。

そうなると当然のことながら、この時期の旅行代金が高いですね。

「人気の季節」=「料金が高い」となってしまいますね。

オランダ旅行の安い時期はやっぱり「冬」の時期

オランダはヨーロッパの北に位置しているので、冬はとても寒いです。

ここ最近20年ほどは開催されていませんが(氷の張り具合によって開催)、オランダの11都市を結ぶ凍った運河をスケート巡る大会なども行われるほど冷え込みます。

緯度が高いため冬の日照時間も短く、夕方4時には暗くなってしまいます。

ヨーロッパの人たちは、オランダに限らず「春のゴールデンウイークの頃」と「夏休み」によく旅行をします。

日本のゴールデンウイークは、ヨーロッパの国々でも祝日などが多く、やはり連休です。

混み合っていても、良い季節にバカンスを楽しむのが欧米人。

冬は、旅行の季節とは考えないようです。

「人気のない季節」=「料金が安い」ということですね。

 

航空券

冬は、エミレーツ航空(ドバイ経由)やカタール航空(ドーハ経由)を利用すれば、日本から往復5万円台程で、

日本の航空会社だとアジアやヨーロッパを経由して、往復8万円台程、唯一の日本からの直行便KLMオランダ航空の場合は、

7万円台ぐらいからのようです。

 

ホテル

ヨーロッパの国にはクリスマス休暇があるので、12月20日以降年内は料金が上がります。

でも、お正月は1月1日だけが休日なので、年明けは2日から宿泊料金が下がります。なのでツアー料金も下がります。

冬にパッケージ旅行に参加するなら、1月2日~2月半ば過ぎぐらいまでが安く旅行できますね。

 

実はオランダは、安い時期の冬でも見どころがたくさん

冬には「お花」は見ることができませんが、絵画が好きな人には寒さなんて関係ないですね。

「ゴッホ」「レンブラント」「ルーベンス」や「フェルメール」など、有名な画家たちの名画を、

空いた美術館でゆっくりと楽しめます。夏休みの頃は、アムステルダムにあるゴッホ美術館は、混み合って1時間待ちが普通ですよ。

オランダは寒い国ですが、寒い国だからこそ暖房設備は万全です。

美術館の中などは、長袖のTシャツだけでも大丈夫なほどポカポカです。

そして私の一番のお気に入りは、街並みです。

「鉛筆を立てたような」といわれる、細くてのっぽの17~18世紀頃の建物がピッタリ寄り添って立っている風景が、とてもかわいいです。

観光客でにぎわっている季節より、空気がピーンと張り詰めた季節こそ、この煉瓦造りの建築物が美しく見えます。

オランダは「安く行ける冬」でも十分楽しめますよ。

航空券やホテルを節約した分、浮いたお金でお土産をいっぱい買って帰りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です