春の七草粥の食べる意味や食材の効能は?食べる前に知りたい七草粥の由来とは?

みなさんは、「七草粥」って聞いたことありますか?

なんとなく「おかゆかな?」なんてイメージを持っている人がほとんどだと思いますが、

七草の種類を言える人は少なかも知れませんね。

(実際のところ、私もわかっていませんでした笑)

 

ということで、今回は色々と分からないことの多いこの「七草粥」について調べて見ました。

これを読めばあなたも七草粥に関する知識はバッチリですよ!

そもそも、七草粥って何?

七草粥とは人日の節句に食べられるおかゆのこと。

人日の節句とは1月7日に行われる行事で、昔は1年間の無病息災を祈る日としてお正月並みの大イベントだったそうです。

 

行事自体は平安時代から行われていましたが、現在のような七草粥が食べられるようになったのは

室町時代からだと言われています。

 

七草粥の由来や意味とは?

七草粥の由来は御伽草子の中にある「七草草子」というお話。

御伽草子は鎌倉時代末期〜江戸時代にかけて作成された短編物語集です。

親しみやすい話が多く、長く人々の人気を集めました。

この御伽草子の中にある「七草草子」が人々が七草粥を食べるきっかけだと言われています。

 

七草草子のお話はこんなものでした。

「両親の老いを嘆いた主人公。ある日ついに耐えられなくなり、

山に21日間こもり苦行を重ね神様に『私に老いを移しても良いので両親を若返らせてください』とお願いします。

あまりに熱心に祈ったので、その願いが神に届きました。

神はその願いを叶えてあげるかわりにある条件を提示したのです。

その条件とは、1月6日までに7種類の草を集めること。

1月7日には七草粥を食べること。更にそれを行えば一口食べれば10歳、二口食べれば20歳…と両親は若返りますよ、

と神は言ったのです。」

 

このお話がきっかけで人々は七草粥を食べるように。

物語になぞらえて無病息災を祈る意味もありましたが、お正月の食事で弱った胃腸を休めるという意味もありました。

 

七草の種類とその意味とは?

 

それでは続いては七草が指す草を見てみましょう。

七草粥の七草にはそれぞれ込められた願いや意味があるんですよ!

〈セリ〉

競り勝つの意味。セロリと似ていますが別の野菜です。利尿作用があるのでむくみ解消にも効果的。

 

〈ナズナ〉

撫でて汚れを払うという願いを込めて。

撫でるとシャランシャランという音がするので、それが汚れを払う音だという説もあります。

 

〈ゴギョウ〉

仏様の体だと考えられています。

 

〈ハコベラ〉

ハコベラという名前にかけて、栄を運ぶという願掛けの意味があります。

 

〈ホトケノザ〉

仏様が安座しているという意味。ちなみに花言葉は「輝く心」です。

 

〈スズナ〉

神様を呼ぶ鈴。スズナはジアスターゼが豊富で消化を助ける働きがあります。

 

〈スズシロ〉

真っ白なスズシロにかけて汚れのない純白さという意味。

 

七草粥に使われている草はどれもリラクゼーション効果と風邪予防に期待ができます。

あっさりした塩味ですので、胃腸を休めるにはピッタリですね。

 

全部集めなくても簡単に「七草粥」はできますよ!

 

ここまで、春の七草を紹介しましたが、ぜ〜んぶ集めて調理するってかなり面倒ですよね〜

でも、いまではこんなアイテムも発売されているのです

すごくお手頃な値段で、春の七草粥を楽しめるフリーズドライセットです!

簡単に作ることができるので、年末年始に忙しかった主婦の方におすすめですよ!

 

まとめ

 

七草粥には無病息災を願う意味と胃腸を休めるという2つの意味があるとご紹介しましたが、

他にも「魔除け」「豊作祈願」など様々な意味があります。

 

ちなみに七草粥の七草が取れない東北地方では七草を使わずに取れるものだけで七草粥を作るみたいですね!

青森県や秋田県では1月7日には七草粥を食べず、1月16日の小正月にけの汁という料理を食べます。

 

けの汁は大根や人参、ゴボウなどの根菜類をお味噌で煮た精進料理で、七草粥の代わりとも言われています。

このけの汁も消化を助ける食材がふんだんに使われていますね。

 

今回は七草粥について調べてみました!

ぜひ、お正月で疲れ切った胃腸を休めるために、七草粥を食べてみてはいかがでしょうか??

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です