韓国のお酒事情!お土産で持ち帰りができるのはどれぐらい?気をつけるべき3つのルール

とろ〜りとしたマッコリ。韓国の旅先で飲んだ味が忘れられず、

ついつい日本にいる家族や友達にもお裾分けしたくなっちゃいますよね~

でも日本へのお酒の持ち帰りは何だか高い税金が取られるイメージ。

ルールを知らないで没収されちゃったら、とても悲しいですよ。

今回はそんな失敗をしないために、お酒の持ち帰りについてのルールをご紹介します。旅行に行く前にしっかり予習してくださいね!

そもそも韓国のお酒を日本に持ち帰れるの?(韓国→日本)

これは韓国旅行ビギナーの人が抱きやすいそもそもの疑問。

ズバリ答えは「イエス」です。

しかしいくつか知っておかなければいけないことがあります。

韓国旅行から持ち帰るときに気をつけなければならないことを一つずつ、確認していきましょう!

 

韓国のお酒を持ち帰る方法は?どのぐらいまで持って帰れるの?

まずお酒を持ち帰るのには預け荷物として持ち帰る方法があります。

これはスーツケースに入れてカウンターで預けるという方法。

この場合、基本的に制限はありません。何本でもOKです。

ただし一定の量以上の酒類には関税がかかります。

免税になるのは「乗客1人につき760ml相当のものを3本程度」です。

これを超えてしまうと大体お酒の値段の半分程度の関税を取られます。

ポイントは「1人につき」というところ。

同伴者がいる場合3本を同伴者に、残り3本を自分の荷物に入れれば6本持ち帰ることができます。

 

さらに預け荷物には重量制限があります。

この航空会社によって11キロや13.5キロなど制限がありますので、

これを超えてしまうと関税に加えて超過料金を取られてしまいます。

旅行に行く前に自分の乗る便の重量制限を確認しておくのがおすすめです。

規定以上のお酒を持ち帰る場合は、「税関申告書」を記入する必要があります!

規定以上のお酒を持ち帰る場合は飛行機内で配られる税関申告書に記入をする必要があります。

税関申告書にはA面とB面があり、お酒を持ち帰る際にチェックする箇所はB面にあります。

B面に「免税範囲を超える購入品・贈答品などを持っていますか?」という質問がありますので、

その質問の「はい」にチェックをして、自分がどれだけの超過分のお酒を持っているのか申告してください。

詳しくは、税関の公式ページより、出国・帰国時の携帯品についてを確認をオススメします!

 

また、手荷物として飛行機内には持ち込めないの?という声が聞こえてきそうですが、これは基本的に出来ません。

なぜなら、飛行機内に持ち込める液体は100ml以下でないと許可されないからです。

 

日本のお酒を韓国の友人のお土産に持っていきたい!(日本→韓国)

では逆に日本のお酒などを韓国に持ち込む際はどうでしょうか?

実は日本のものを韓国に持ち込む際は韓国の法律が適用されるのでルールが少し違います。

 

日本から韓国へ酒類を持ち込む際には1リットル以下の酒類1本なら免税になります。

日本へ持ち帰る時同様、スーツケースなどに入れて預け荷物に預けてください。

しかし1点覚えておきたいのは…

「韓国への出国審査を終えた後購入した酒類は、制限なく機内に持ち込める」という点です。

例えば、ソウル空港で出国審査をして免税店でお酒を購入して別便に乗り換えて韓国国内の別の場所に行く場合など。

ただ持ち切れないほどの荷物を持っているとさすがに声を掛けられてしまいますので、ほどほどにしてくださいね!

 

まとめ

酒類のお土産は規定はありますが日本に持ち帰ることが出来ます。

しかし、しっかりとルールを確認しておかないと、没収される可能性や超過料金を払わなければなりません。

①お酒の重量・制限範囲

②スーツケースに入れること

などを注意して、韓国のお酒をお土産に持って帰りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です