小林亜星の現在の姿は!?糖尿病重病説の死亡説の噂や余命は!?

9月15日に放送された「爆報!THEフライデー」にて、

あの懐かしの小林亜星さんの現在について放送されました。

ネット上では、重病説や死亡説などが飛び交っていますが、

果たしてその真相は?

 

小林亜星?平成生まれの方には馴染みが無い名前かもしれませんが、

この小林亜生さんは作曲家・俳優・タレント等とこなすマルチな才能を持った方だったのです!

昭和世代の方なら、寺内貫太郎等のドラマを思い出す方もいるのではないでしょうか?

 

それでは、今回は「小林亜星」さんの現在の姿についてリサーチしてみました!

小林亜星さんのプロフィール

名前:小林亜星(こばやし あせい)

ジャンル:日本の作曲家、作詞家、俳優、タレント、歌手

日本作詞協会理事、大日本肥満連盟初代理事

引用:wikipedia

 

音楽やタレント業など、本当に幅広く活躍されていたのですね〜

特にCMソングで有名なのは、

「あなたとコンビに。ファミリーマート」で聞き覚えがある、ファミリーマートのテーマ。

「積水ハウス」のテーマソング。

あとは、日本昔話の「人間っていいな」

まで、制作に携わっていたのです!

 

どれも、世代を問わずに知っている曲が多いですよね〜

 

小林亜星の現在の姿とは?

 

小林亜星さんは現在、84歳と言う高齢と言う事もあって、なかなかメディアへの出演はないようです。

小林亜星さんと言うと恰幅のいいおじさんの雰囲気があるふくよかな体形をしていました。

 

しかし、そこは昭和初期の男性ですから、

間違った事は間違ってると歯に衣を着させない言いっぷりが印象的な方です。

 

小林亜星は糖尿病が重症化している??

実は、、、

1974年放送の「寺内貫太郎」の放送当時には既に糖尿病を患っていたそうです。

糖尿病と言うと、合併症を起こしやすい生活習慣病です。

小林亜星さんの糖尿病歴はそうなると40年以上!?と言う事になりますね~。

糖尿病は体重などを気にしなければいけない病気ですから、

小林亜星さんもかなり痩せてしまったのでは?と思っていた所、

どうやら、現在でも体重は90Kg台をキープしており、大好きなお酒を飲みに出かけて行ってしまう様です。

寺内貫太郎を地で行く生きざまと言う感じです。

 

小林亜星の死亡説!?余命はどのくらいなのか?

 

2000年当たりを境にテレビの露出がかなり、減った小林亜星さんですが、

平成14年にはNHKの朝の連続テレビ小説に出演しています。

では、重病説や死亡説が流れたのはどうしてなのでしょうか?

そこにはどうやら、桑田佳祐さんが絡んでいるらしいのです。

桑田さんがパーソナリティを務める番組で、

桑田佳祐さんが「小林亜星さんがお亡くなりになって」と発言したのがきっかけではないかと言われています。

 

この番組内でちゃんと訂正しているそうですが、言ってしまった限りは早とちりする方もいますし、

話が歪曲して伝わってしまったのでしょう。

 

先ほども紹介したとおり、糖尿病でありながらもお酒を飲みに行かれるほど元気な様です。

糖尿病は重病化すると合併症を引き起こす厄介な病なのですが、

お酒を飲みに出かけられている様子と言う事から、

多少の悪化はあるかもしれませんが重病とまでは言っていないようですね。

 

現在は84歳と言う高齢ですから、何とも言えませんが、小林亜星さんは、こんなコメントをしています。

「母が102歳で亡くなっているのですが、私はそこまで生きたくないですね」

小林亜星節とでもいうのでしょうか。本音なのかもしれません。

 

2016年には音楽業界に対して苦言を呈した事で話題となっていますから、

これからも小林亜星節がたまにはメディアを賑わすのではないでしょうか。

 

まとめ

 

小林亜星さんの現在の姿や重病説や病気などを紹介してきました。

確かにご高齢と言う事でメディアへの露出は控えめなのかもしれません。

 

テレビから急に露出が減ると必ずと言っていいほど流れるのは、死亡説や重病説ですよね。

ネット社会になってからは、情報量は急激に増加していますから、

どれが正しいのか判断が付きかねないものもあります。

 

今回の小林亜星さんの重病説もそうだったようですね〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です