イッテQ手越祐也のイエーイの絡みがワロタwイエーイってどんな時に使われる!?

世界の果てまでイッテQといえば、視聴率も20パーセント越えを叩き出し

5人に1人は観ているというオバケ番組ですね。

そんな大注目のイッテQですが…

ネットで「イッテQ」を検索すると、「イッテQ 手越 イエーイ」ってどういうこと?

少し調べてみると、最近では、ナレーターのナレーションが面白いと言う事で、注目を集めているのだとか。

特にナレーターの方々の手越祐也イジリは評判になっていますねw

そこで今回、評判になっている「手越イジリ」をまとめてみました。

イッテQ手越祐也企画でのイエーイ!がネット上で話題に!?

イッテQのナレーターが手越祐也さんをいじくるのが、面白いと評判の様です。

確かに手越祐也さんと言えば甘いマスクに運動神経のよさ、さすがジャニーズとなりますが、

やったことがない物にも「簡単でしょ!」の一言で片づけてしまうほどの、自信家。

当然番組スタッフは手越祐也さんに対して嫌がらせ同然の要求を出してきます。笑

 

エンターテイナー手越 バンブーダンスに挑戦

手越祐也さんが、バンブーダンスに挑戦する企画なのですが、

最初の基本のステップはさすがに、ジャニーズ難なくこなしてしまいます。そこで今度はジャンプのレベルを上げます。

女性とコンビを組んで背中越しに相手と立ち位置を変えて行く「Back to Back」

当然ながら手越祐也さんは

「イメージして見ていたからいけるでしょ。たぶん行けると思う」

と発言。それに対してナレータは

「どうか神様いけませんように・・」

一回目手越祐也さんが失敗するとナレーターはすかさず

「面白くなってきましたー!」

手越祐也さんが女性の方とぶつかってしまった時に

「イエーイ」

バンブーの棒に足を挟まれてしまった時に

「イエーーイ」

手越さんが「今痛かった~」と言った瞬間に大きな声で「イエーーーイ」

と言っています。

 

エンターテイナー手越 麺打ち修行に挑戦

香港で刀削麺の修行を手越祐也さんが修行をするのですが、達人は綺麗に麺を削り飛ばすのですが、

孤高のアイドル、手越祐也さんはなかなか、うまくできない模様。

ナレーターの方は「日本の王子は日ごろのむちゃくちゃな生活がそこにあらわれてしまっている」と言っています。

かなり練習する手越さんがついに「出来ねえな」と発言した瞬間に「イエーイ」

さらに手越さんは修行を続けるのですが「マジでわかんねえな」と腰に手を当てながら言うとナレーターはすぐに突っこんできます。

「見よ!出来ないくせにこの尊大な態度」とナレーションしていますが、

まさに神が降臨している様なナレーションではないでしょうかw

 

まとめ

世界の果てまでイッテQで手越祐也さんに対してのナレーターの鋭い「イエーイ」がツボにハマって面白すぎですねw

最後に紹介した「出来ないくせにこの尊厳な態度」はかなり面白かったです。

ナレーターの方は立木冬彦さんですが、実はもう一人の真地さんも手越企画にナレーションで参加しているのですが、

「イエーイ」の部分だけは立木さんにチェンジしているのです。

 

※イッテQのナレータについてはこちらの記事を参照に!

イッテQナレーションて誰なの?あの声の持ち主とプロフィールとは?

 

声の質から言うと立木さんの方が「面白嫌味っぽく」聞こえるせいだと思いますね。笑

それにしてもナレーターの立木さんは、ある意味「世の男性の声」を叫んでいるようにも聞こえます笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です