インフルエンザ予防接種のタイミングはいつがベスト?受験生,赤ちゃんなどケース別にご紹介!

毎年12月頃から翌年の2月頃まで猛威をふるうインフルエンザ。

インフルエンザウィルスは乾燥した環境で特に大活躍してしまうウイルスなのです。

この時期になると自己防衛のためにうがいや手洗いを念入りにしたりマスクを装着しますよね〜

 

それでも心配な方は予防接種を受ける方も多いのではないでは?

私自身も、インフルエンザの悪化を防ぐため

しかし、インフルエンザの予防接種はいつ、どのタイミングでうつべきなのでしょう?

今回はケース別でのインフルエンザの予防接種のタイミングをまとめてリサーチしてみました!

インフルエンザの予防接種はいつ打つのがベストなの?

インフルエンザの予防接種は皆さんはいつ頃打たれていますか?

流行になる前に予防接種を行われる方が多いのではないでしょうか。

では、本当の意味でインフルエンザ予防接種のベストな時期はいつなのでしょう。

 

1.受験生

受験生の場合には本番の試験が1月~2月と言った所です。

まさにインフルエンザの本番真っ盛りです。

このタイミングでインフルエンザにかかってしまうと、今までの努力が無駄の泡とかしてしまいます。

そうならない為には、予防接種をするのですが、その軸は11月中にインフルエンザの予防接種を受けるのがベスト!

効果は3~6カ月ですからタイミング的にはここだと思いますよ。

 

2.赤ちゃん

インフルエンザが流行し出した時に、親が一番心配するのは赤ちゃんにインフルエンザが感染した場合です。

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種をしてもいいのか?と思ってしまいます。

 

赤ちゃんは生まれて来てから約6ヶ月間は免疫が非常に高い状態なので、この間での予防接種はしなくてもいいでしょう。

6ヶ月以降の赤ちゃんの場合はと言うと、小児科の先生と相談しながら決めるのがいいのですが、

一応インフルエンザの予防接種は可能になります、但し薬の量が0.25mlと少ない為に2回受ける事になります。

 

1回目の接種から2~4週間開けた後に二回目を接種する事が可能になります。

10月中から11月にかけて行うのがベストではないでしょうか。

 

3.妊婦

妊婦さんの場合にインフルエンザ予防接種を受けてもいいのかどうか?考えてしまいますよね。

予防接種をしたせいで胎児に影響が出る事があるのでしょうか?

 

厚労省ではインフルエンザ予防接種を妊婦さんが行っても影響は少ないと言っています。

インフルエンザによる重症化が問題になってしまう為です。

 

妊婦さんでもインフルエンザの予防接種は可能ですが、

予防接種の薬の中には水銀が含まれている物もあるので、それは医者に確認した方がいいでしょう。

 

時期的には早めの対策と言う事で流行する前に打つのがベストですから11月中にはしておいた方がいいでしょう。

但し、妊娠初期の場合には流産も考えられるので、その時は接種を辞めて、予防で対策を講じた方がいいです。

 

4.高齢者

高齢者(65歳以上)の方場合には、どこかの市区町村ではインフルエンザの予防接種を1回のみ公費で行ってくれるそうですよ!

羨ましいですね〜 ぜひ、調べてみてはいかがでしょうか?

 

高齢者インフルエンザの予防接種期間は10月1日から翌年1月31日までとなっています。

この期間内なら無料でインフルエンザの予防接種を受ける事が可能です。

 

ワクチンの効果は3~6ヶ月とされていますから、11月中までに接種するのがベストでしょう。

特に高齢者の場合はインフルエンザから肺炎の合併症を引き起こす可能性が高いので、

掛かりつけの医者と相談しながら決めてもいいでしょう。

 

まとめ

 

インフルエンザ予防接種を受けるのはいつがベストなのか?について紹介してきました。

特に高齢者や小さいお子さんの場合にはインフルエンザで重症化もしくは死亡してしまうリスクも当然ありますから、

なるべくは、インフルエンザの予防接種を受けておく方がいいでしょう。

但し、厚労省は強制ではなく、あくまでも任意と言う事を強調していますからそこをどうとらえるかにも、よりますけどね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クロネコ

こんにちは!クロネコという名前でこのブログを運営しています! リアルな仕事では、英語を使った接客業・英会話講師をしています。 めっちゃ面倒くさがりで飽き性な私でもできた英語勉強法を、このブログに訪れてくれたあなただけお届けします♪