汗かきを効果的な治す方法って?頭から流れる汗に悩めるあなたが知るべき方法とは?

汗をかくと言う事は、体の体温調整に取って重要な機能なのですが、

人によっては、頭から滝のように汗が吹き出してしまうと場合もあります。

私自身もそうですが、汗っかきで悩める方って結構いらっしゃいますよね〜

 

特に夏の暑い時期に汗をだらだらと流していると、清潔感にも影響が出てきちゃいます。。。

しかも、流れた汗をほったらかしにしてしまうと、その後にいやぁ〜な臭いを放つことも・・・

今回は、汗かきを効果的に止める方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

[ad#ad3]

そもそも、頭からダラダラと汗をかくのはなぜ?

頭から顔にかけて汗をかくと言う方も多いのではないでしょうか。

本来は汗かきの人は全身からくまなくと言うほど均一的に汗が出るはずなのですが、

頭や顔だけが異常に汗をかくと言う方も中にはたくさんいるのでは、ないでしょうか。

このような、頭や顔からだけ以上に汗をかく方は頭部多汗症と言ってもいいのではないでしょうか。

 

「頭部多汗症」の原因は一体なに!?

頭部多汗症の原因で一番多いのが、ストレス過多の方が多いと言う事です。

但し、頭部多汗症は局部多汗症の一例に過ぎないので、ストレスが掛かった段階でどこの部位に

集中的に汗をかくのかは個人差によって異なります。

頭や顔に多量の汗をかくと言う方は、個体差の影響で、頭や顔に集中して汗をかいてしまう事になります。

この汗をかく事を管理しているのは、交感神経の役割になっています。

交感神経が過剰に反応している事で、頭部多汗症の場合は頭や顔から異常に汗をかく事になります。

[ad#ad3]

頭や顔からの汗をかきやすい方にはどんな方が多いのか?

局所的多汗症の場合には交感神経が過剰に反応しているのが原因なのですが、

この交感神経を過剰に反応させている原因は精神的ストレスが一番の原因になります。

このストレスが自律神経を乱す事で、交感神経が過剰に反応してしまうと言う事です。

この交感神経を過剰に反応させてしまう、精神的ストレス状態に陥りやすい人にはどんな方が居るのでしょう。

精神的ストレス状態になりやすい性格!

1.生真面目

2.頑固

3.神経質

4.完璧主義

と言った方に多く見られる様です。常に自分にストレスを与えてしまっていると言う事になります。

 

頭からの汗かきを治す方法はあるのか?

頭や顔からの多量の汗かきの原因は交感神経が過剰に働いて起きる事がわかり、

自分の性格的な所が原因かもしれないとわかった所で、後はどうすれば頭や顔からの汗を押えるか?

と言う事になります。

正直先ほどあげた精神的ストレス状態に陥りやすい人の場合性格を直すのは、ほぼ不可能でしょう。

そうなると交感神経を調整する方法で治す事を目指すしかありませんね!

1.運動をする

運動と言ってもがむしゃらに運動をすると交感神経を逆に刺激してしまいます。

適度な運動をすることを心がけましょう。

適度な運動をする事で交感神経の働きを調整する事が可能になります。

人と争うような運動ではなく、1人で行うウォーキングやジョギングなどが適しています。

2.睡眠を取る

汗かきの方は睡眠が十分に取れていない方が多いはずです。

睡眠が取れていないとすぐに交感神経は乱れてしまします。

睡眠不足の時ってイライラしやすかったりするのはそのせいです。

一般的には7~8時間と言われていますが、自分がスッキリ寝れたと感じるのが一番ですから、

自分にあった睡眠時間を見つける事が大事です。

また、寝る前にテレビやスマホ・PCは見ない事です。

これらは強い光を発しているので、交感神経を刺激しやすいので、良質な睡眠の妨げになるので、

せめて寝る1時間前には見るのを止めましょう。

 

この2点に注意するだけでも、交感神経の過剰な反応は少なくなっていきます。

そうする事で頭や顔からの多量の汗で悩むと言う事は少なくなると思いますよ!

 

まとめ

 

汗かきを治す方法などを紹介してきました。

汗がハンパ無いとかなり周りに迷惑をかけてしまいますからね〜

出来るだけ早く治したい所でしょうが、まずは焦らずじっくり直して行く事が先決だと思います!

[ad#ad3]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です