ハロウィン渋谷人数2017年予想!若者が渋谷に集まる理由は何!?

年を追うごとに盛り上がりを見せている、我がニッポンのハロウィン。

中でも今や仮装パレードの「聖地」とも言われる渋谷が熱い!

お祭り騒ぎが好きな人はもちろん、日頃はおとなしめのアナタも、1年に1回くらいは弾けてみてはいかが?(笑)

なぜ、ハロウィンと言えば「渋谷」なのか

調査会社の(株)マクロミルが実施した2016年アンケートでは、

「今年のハロウィンはどこに行くか」の問いに対して、40%が渋谷と答えたそうです。

なぜ渋谷なのか。大都市の新宿や池袋等をおさえてダントツ1位の理由は何でしょうか。

初詣のようなまだまだ、国民的行事ではないせいか、渋谷の盛り上がりを表した公式データはありません。

 

今のところは、はっきりした理由も不明みたいですね〜

ただし、考えられることとしては、

 

①若者の街として知られるので、集まりやすい

②原宿が近い

1970年にハロウィン企画を最初に仕掛けたのはキディランド原宿店です。

発祥の地に隣接していることも要因として考えられますね〜

 

などなど、色々と考えられると思いますが、はっきりしたところは謎のままです・・・

 

2016年の渋谷ハロウィンは、100万人も集まった!

 

昨年の10月31日は、渋谷に100万人が集まったとの情報があります。

が、公式発表がないので実際のところはわかりません!笑

100万人といえば、千葉市の人口を上回ります(千葉市人口:97万4759人 2015年国勢調査より)。

因みに、今年7月29日に行われた隅田川花火大会の来場者数は95万7000人。

 

あの、東京の夏の代名詞みたいな超メジャーイベントよりも、渋谷ハロウィンの方が多い?

渋谷駅前のハチ公前交差点は、1日に50万人が利用するそうです。その2倍!

 

しかし冷静に考えますと、普段の利用者が50万なのですから、ハロウィンに集まった若者だけではなく、

渋谷駅近辺に来たすべての人数としたら100万はあり得ない数ではありません。

ハロウィンを楽しみに来た若者だけをカウントするのは不可能ですから、オジサンもオバサンもみんな合わせての数字だと思います。

 

昨年の渋谷の様子を撮った画像や動画はたくさんあります。

一つご紹介しておきましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=BPwN1EmrG_I

とても残念なことに、酔った勢いの小競り合いなどの警察沙汰もあったようですね・・・

 

2017年は、100万人以上が集まる可能性大!!

 

毎年、ハロウィンに集まる人の数は増えてきていますが、

2017年は、さらに参加者は増えると予想されます!!

引用:http://www.intage.co.jp/library/20161124_2/

こちらは、2014年からの渋谷の混雑具合を表しているグラフです。

年々と人数が増えているのがわかりますね~

特に20時台がピークになっているので注意です!

海外メディアでも指摘された「ゴミ」問題!

人が集まれば、いろんな問題がありますが・・・

最も問題視されているのが「ゴミ」問題です。

 

ハロウィンのパレードが終わったの街は、ゴミ箱みたいなことになってしまっていたとのこと・・・

海外メディアにも指摘されているらしく、品行方正で知られる日本人の新たな負の側面のように批判する声も。

 

着ていたコスチュームを脱ぎ捨てて帰る人が多いようですが、着てきた物は着て帰るのがルールでは?

あまりにこういうことが続くと、地元の人たちも黙ってはいないと思います。JTの広告にこんなコピーがありましたっけ。

 

街は、灰皿ではない。 

実際、私の家の近所の夏祭りは、来場者のマナーが悪いため中止となっています。

1年に1度のイベントがなくならないよう、みんなでマナーを守りましょうね!

 

まとめ

 

「秋の歩行者天国・仮装行列版」と考えれば、渋谷のお祭り騒ぎはそう珍しくもありません。

1年を通してごった返している賑やかな街ですから、行ってみれば抵抗なく群衆の一人になれることでしょう。

今年の10月31日は、晴れだそうです。気温は13℃~18℃と過ごしやすいみたいですよ。

公共マナーさえ守っていれば、少々のハメはずしは許されるのでは?

コスチュームを持って帰るための手提げ袋かカバンも忘れないで!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です