大学生の卒業祝いの金額と平均の相場!お財布にも優しい現金以外の贈り物アイテムとは!?

毎年3月になると卒業シーズンが到来します!

身内に大学生がいる方は、卒業祝いをどうしようかと悩んでしまうものではないでしょうか??

 

中学生や高校生なら何となくこれぐらいでと言う感じもわかるかもしれませんが、

大学生になると、どれくらいの金額を包まなくてはいけないのか不安に思ってしまいます!

 

といういことで、今回は・・・

「大学生の卒業祝い事情」についてリサーチしてみました!

大学生の卒業祝いの相場はどれくらいなの?

大学を卒業する時に卒業祝いをいくら贈ればいいのか?と悩んでいる方も多いと思いますが・・・

卒業祝いとは子どもの成長をお祝いする事が主ですから、10万や20万等の高額な金額を包む必要性はないと思いますよ!

 

基本的には、卒業祝いは当事者に渡す物ですから、贈る相手側は両親や祖父母と言う場合が多いです。

(うん・・・お財布事情が厳しい親戚方はホッととされたのでは??笑)

 

一部親族間でのやりとりも行われる事もあるようですが、基本は親と祖父母から贈られる物と考えるべきです!

そうなると、自分の子どもや孫に卒業祝いを渡す事になるのですが・・・

ネット上の情報をかき集めると、

「一般的には5000円~1万円が相場」の様です!

 

祖父母の場合には可愛い孫が大学を卒業したからと言って3万~5万円を渡すケースもあるようですが、

そこまでの金額を包む必要性は無いと言ってもいいでしょう!!

 

これを読んでいる、大学生の方はちょっとがっかりしました??笑

 

卒業祝いを渡す時期はいつがいいの?

相場がわかった所で、卒業祝いを渡す時期はいつ頃がいいのか?と言う事ですが・・・

卒業祝いいを渡す時期は、

大学の卒業式の日を目途に考えていた方がいいでしょう!!

 

一般的には卒業式より前に渡すのが一般的にはマナーと言われています。

しかし、大学を卒業して就職先も決まっている場合では、

就職祝いと兼ねて卒業祝いを贈る場合には3月中に渡す事が望ましいです!!

(お財布事情的にもね!笑)

 

ただし、大学を卒業するからと言っても就職先が内定していないケースも昨今の事情によってありますので、

就職先が決まっていない場合には、なるべくは、卒業式に合わせる形で卒業祝いを贈る方がいいかも!

 

お金以外で卒業祝いにお薦めの品物って何がいいの?

 

大学を卒業する時に卒業祝いを渡すケースが多いですが、お金や商品券と言った形ではちょっとどうか?

と考える方も多いでしょう!

その場合には卒業祝いにはどう言う品物を贈るのがいいのでしょうか?

ということで、卒業祝いにぴったりな贈り物を考えてみました!!

 

1.腕時計

最近ではスマホの普及によって、腕時計を持たない若い方がほとんどです。

社会人になると大学のように常にスマホを見ている事はできません。

仕事をしている時にスマホで時間を確認している姿は社会人としてはマナーに反します。

ビジネス用の腕時計は必需品と言ってもいいですからね!

 

2.カバン・バック

男女共に腕時計と一緒でビジネス用のカバンやバックは必需品になります。

就職活動時に使用していた物でも大丈夫ですが、新しい社会に出る事を考えて、ビジネス用を新たに贈るのもいいでしょう!

さらに時計と違って自分の趣味嗜好があまり反映されないから、「ビジネスバック」の贈り物は個人的に一番オススメですね!

 

 

3.財布

これは意外と盲点になるのですが、学生時代はちょっと派手目の物や、安い財布でも十分だったのですが、

社会人になると人前で財布を出すケースも必然的に多くなってきます。

ビジネスシーンでやはり恥ずかしくない様な財布を持ち歩くのがいいですから、

ある程度しっかりしたシンプルな物で落ち着いた色合いのものがいいですね!

 

まとめ

 

大学を卒業した時の卒業祝いの相場や渡す時期や品物で渡す場合にどう言う物がいいのかを紹介してきました!

卒業祝いは、知人の方が卒業する場合に贈らなくても失礼には当たりません。

贈る場合でも、相手に重荷にならない程度の金額や品物を贈るのがいいです!

相場を1万円程度としていますが、親戚に同じ様な経験の方が居れば聞いてもいいと思いますよ〜

それではまた!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です