モニタリングのおじいちゃんBMXライダー池田貴広のプロフィール、ギネス記録動画とは?

8月24日(木)に「人間観察モニタリング」で現役のアスリートがおじいちゃんに変装して、

華麗な技を披露する!という企画がありました。

今回の放送では東京オリンピックのメダル候補であるBMXライダーである「池田貴広」さんが

おじいちゃんに変装していました!

BMXライダーの池田貴広選手のプロフィールをまとめてみました!

そもそも、BMXってどんな競技?

そもそも、BMXって何?という方もいらっしゃるかもしれませんので、

この競技の解説からしていきますね!

BMX(ビーエムエックス)とは、 20インチの少し小さいタイヤの自転車を使った競技です。

泥除けやスタンド、ライトは自転車についていないので、実用的ではありません!(笑)

本当に競技のために作られたマシーンですね。

競技は、何種類か部門があり、

レース、フリースタイルなど様々なプレースタイルがあるみたいですね〜

ちなみにこちらがストリートでの動画になります。

池田貴広選手のプロフィール

名前:池田 貴広(いけだ たかひろ )

生年月日:1990年5月17日

日本のプロBMXライダー。

シルク・ドゥ・ソレイユBMXアーティスト

株式会社サイクレント代表取締役

引用:wikipedia

プロのBMXライダーで、あの、シルク・ドゥ・ソレイユのアーティストでもあるんですね。

そして、現在27歳という若さで会社の代表取締役の肩書きを持っています。。

ちなみに会社は、BMXの映像制作・パフォーマンス、ワークショップを通して、

BMXを世界に広げよう!と言うのがコンセプトみたいですよ!

池田 貴広選手の経歴は?

池田選手の経歴をまとめてみました!

2004年(中学2年生)、BMXを始める。

2008年(高校3年生)、全日本選手権King Of Groundのエキスパートクラスの年間チャンピオンとなり当時最年少でプロクラスに昇格。

2010年、国際大会Red Bull Flamenco Flatlandで優勝を果たす。

2011年から2015年にかけて、5年連続で高速スピンのギネス世界記録を更新。

2014年、BFWC世界ランキングで年間3位となる。

2015年、シルク・ドゥ・ソレイユの『La Nouba』(アメリカ・フロリダ州オーランド/ウォールトディズニーワールド)に抜擢され、アジア人初のBMXアーティストとして出演を果たす 。 株式会社サイクレント設立。

引用:wikipedia

 

2014年には、世界ランキングで年間3位なっています。

2020年の東京オリンピックでもメダル獲得の期待が十分にできますね!

でも、20代という若さで、自分が好きなことで会社を設立するという行動力と思い切りが

めっちゃくちゃ羨ましいですね〜

だって、なかなか中学生の時にであったBMXで「これで食っていこう」って思ったてことは

余程このBMXという競技が好きなんでしょう。若い時に、本当に好きなものに出会えて、

なおかつ、好きなものでお金を稼ぐ!というのはめっちゃくちゃ幸せだと思いますよね〜

 

ギネス記録も実は持っている!?

 

実は池田選手は、ギネス世界記録を持っているのです!

それは、BMX競技自転車を使ってのギネス記録なんですが、(当然ですねw)

なんと4競技もギネス記録を持っているそうです!

2011年 ギネス世界記録 更新 (ジャイレータースピン1分間59回)
2012年 ギネス世界記録 更新 (タイムマシンスピン1分間78回)
2013年 ギネス世界記録 更新 (メガスピン30秒間45回)
2014年 ギネス世界記録 更新 (タイムマシンスピン1分間83回)

こちらが、インタビュー動画になっております。

 

まとめ

 

今回は、モニタリングでおじいちゃんに変装された、BMXパフォーマーの池田貴広選手について、

ピックアップしてみました!

今後、2020年の東京オリンピックで追加種目となったBMXで十分にメダルを獲得できる選手ですので、

さらに注目度は上がっていくでしょうね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です