【節分】今年の恵方巻きの方角は?【2017】

今年もこの季節がやってきましたね!

ここ数年で節分に食べることが当たり前になってきた「恵方巻き」

近くのスーパーやコンビニでは恵方巻きの予約で混み合ったのではないでしょうか?

さて、「恵方巻き」といえば方角を向いて食べるというルールがありますよね!

って、そもそも、なんで方角て毎年変わるの?

そんなささいな疑問も調べてみましたのでご覧ください!

 

2017年今年の恵方巻きの方角は北北西やや右

やや右ってどれくらい右なんだよ!(笑)

そんなツッコミもあるとは思いますが・・・

正確にお伝えすると「壬の方角 北北西微北」らしいですよ。

そもそも、どうやって方角を決めているのか?

素朴な疑問ですが、食べる方角ってどうやって決めているのでしょうか

恵方巻きを食べるときの縁起の良い方角を、「恵方」と言います。

そして、恵方巻きを食べる方角(恵方)は、その年の福徳をつかさどる神様がいらっしゃる方角だそうです。

つまりは、毎年神様がいらっしゃる方角が変わっているということですね!

じゃあ、その神様がいるってどうやってわかるんだよ・・・

そんなツッコミも当然あることを承知しながら、調べてみました!

 

恵方の方角の決め方

恵方の決め方は、西暦の末尾の数字によって決められています。

1・・・ 南南東やや南  165度

2・・・ 北北西やや北  345度

3・・・ 南南東やや南  165度

4・・・ 東北東やや東  75度

5・・・ 西南西やや西  255度

6・・・ 南南東やや南  165度

7・・・ 北北西やや北  345度

8・・・ 南南東やや南  165度

9・・・ 東北東やや東  75度

0・・・ 西南西やや西  255度

2017年の末尾は、「北北西やや北」となっています。

恵方巻きの方角は24方向に分けた方位となっています。

しかし、24方位では分かりづらくて見づらいととのことで

恵方巻きの方角は、16方位で表されています。

じゃあ、来年の2018年は?となると、南南東やや南となりますね!

まとめ

今回は、恵方巻きの方角について焦点を当ててみました!

ぜひ、みなさんも方角を意識した時は、この話を思い出してくださいね

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です