「ウユニ塩湖」に行く人必見!世界一周女子が選んだボリビア旅行で後悔しない持ち物4選!

日本人旅行者に大人気の観光スポット「ウユニ塩湖」

長期旅行だけではなく卒業旅行やハネムーンでも大人気の旅行先で、

「一生に一番は行きたい場所」として挙げられることが多い世界屈指の絶景スポット。

「いつか、私(俺)も・・・!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、「ウユニ塩湖」に持って行くものってなんだろう・・・と悩んでいる方へ

今回は、世界一周を実行中の前川さんからレクチャーいただきました

情報提供者:まえさん

世界一周の旅ブログを執筆中!ブログはこちら⇨http://wphotrip.sakura.ne.jp/blog/

ということで、今回「ウユニ塩湖」があるボリビアに持って行った方がいいものを教えますね。

実際にボリビアを旅した私がおすすめする持ち物をいくつかご紹介させていただきます!!

1.防寒着

ボリビアの二大人気観光地「ラパス」「ウユニ塩湖」。

私はウユニ塩湖の鏡ばりのシーズンの「雨季」に合わせて1月末にこの二箇所を訪れました。

ラパスは日本の冬と同じような格好でちょうど良かったです。

(ただし、夜は部屋に暖房器具もなく寒かった。)

そしてラパスを含めボリビアは年間通してあまり気温の変化は大きくないようです。

ウユニ塩湖は、(雲や風がない日は)昼間は半袖でもいけるくらいでしたが、注意したいのは夜の星空ツアー。

寒いです。めちゃくちゃ寒いです。特に風のある日は極寒。

比較的暖かい日もありますが、十分すぎるくらいに防寒具を持って行けば安心してウユニ塩湖を楽しめると思います。

私の場合、

上は長袖ヒートテック、シャツ、セーター、ウルトラライトダウン、マウンテンパーカー・・・

それにラパスの泥棒市で買った、めちゃくちゃでかくて分厚い古着のジャケット(袖部分が破けている)。

下は極暖のレギンス、冬用スウェット、靴下二束。手袋にマフラーも持って行きました。

・・・まあこれはぶっちゃけやり過ぎなんですが、ほぼ全て着用し、

おかげで夜中から朝まで寒さを気にする事なく素晴らしい絶景を楽しむことができました。

2.日焼け止め&サングラス

ウユニ塩湖ではこの2つがないと、死にます。笑

ウユニに到着した初日は先にウユニに滞在していた友人達と星空ツアーに参加したのですが、

同日の日中ツアーで日焼け止めを塗らなかったが為に「ひりひりして痛すぎる!」と苦しんでいたり、

サングラスを持っていったけれどあまりかけなかったので「目が痛くて開けられない!」

と目を閉じっぱなしにしていた友人達を目の当たりにしました。

私はその姿を見ていたので翌日日差し対策はしっかりして行ったのですが、なんと耳だけ忘れていて。

ツアー後間もなく、焼けるようにひりひり痛くなったのです。耳だけが!

とにかく、ウユニ塩湖は標高が高く影もなく日差しが強いので、日焼けが気になる女子の皆さんだけではなく、

日差し対策はしっかりしていきましょう。

3.洗濯グッズ

もし安宿に宿泊する予定であれば、ラパスもウユニも基本的には洗濯は手洗いになります。

ウユニ塩湖ではジャンプ写真などを撮影すると、塩水で服が濡れたりはねて飛んだりして、

乾いても塩がばっちりついてしまうのでおそらくほとんどの旅行者が洗濯をすることとなるでしょう。

そんな時に手洗い用の洗濯グッズがあると便利! 洗濯バケツ(小さめの折り畳める釣り用バケツなど)や、

ミニペットボトルなどに移し替えた洗剤、下着類や靴下などを干せるたこ足の洗濯干しなどがあると非常に役立ちます。

また、ウユニは水不足が問題となっている為、宿やタイミングによっては洗濯が禁止されていたり洗濯場の水が止められたりすることがあります。

万が一のことを考えて着替えは少し多めに持っていくことをおすすめします。

4.高山病薬

ラパスはなんと「世界一標高の高い首都」!ウユニの標高はそれ以上です。

標高は富士山の頂上くらい、もしくはそれ以上の高さです。

高山病は誰にでも発症する可能性はあるので気をつけなければいけませんが、

標高の低い国や土地からいきなりラパスやウユニに飛行機で飛ぶ人は特に注意!実際、私は友人と違う国よりラパスに飛んだのですが、2人揃って初日から高山病に・・・!

高山病薬をすぐに摂り始めたおかげで1~2日で無事順応出来ましたが、

本当は高地に行く数日前から飲み始めるタイプの薬だったので、もし飲んでいれば高山病は発症しなかったかもしれません。

対策方法は他にもありますが、もし可能であれば高山病薬を持っていくと安心でしょう。

まとめ

  1. 防寒着
  2. 日焼け止め&サングラス
  3. 洗濯グッズ
  4. 高山病薬

これらのアイテムがあれば、あとは思いっきり楽しむだけ!!

せっかく遠い国まで最高の景色を見に行くのですから、しっかりと準備をして万全の状態で一生に一度の思い出を作って下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です