イモトアヤコが歯の治療を行ったワケとは一体なぜ!?

イモトアヤコさんと言えば、「世界の果てまでイッテQ」で珍獣ハンターとして人気のタレントさんですね。そんなイモトアヤコさんが、自身の歯の治療を行ったことでネット上が話題となっています。

イモトアヤコさんの活躍は、芸人さんの域を超えて、もはや本格的な登山家といっても過言ではありません。

今回は、イモトアヤコさんがなぜ、歯の治療を行ったのかをピックアップしてみました。

珍獣ハンター、イモトアヤコのプロフィール

 

本名 井本 絢子(いもと あやこ)
ニックネーム 珍獣ハンター・イモト
生年月日 1986年1月12日(31歳)
出身地 鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)
血液型 O型
身長 153cm or 158cm(本人のTwitterにて158cmと公言)
最終学歴 文教大学情報学部

実は、大学3年の時にWは、すでにCS3期生としてに入所し芸能界入りしていました。

今では売れっ子のフォーリンラブ結成前のバービーさんと「東京ホルモン娘。」というコンビを組んで活動していた時期がありました。しかし、イモトが長期ロケに出たこともあってコンビは自然消滅。

『世界の果てまでイッテQ!』の珍獣ハンターの企画で一躍注目を浴びることとなりました。

イモトアヤコが歯の治療を行ったワケ

珍獣ハンターのイモトさんは、八重歯と、歯並びの悪さがチャームポイントでもあります。

しかし、歯並びの悪いせいで、虫歯だらけだったようです。

歯並びが悪いと、歯磨きがしずらく、虫歯になりやすいですからね。

イモトさんは、登山ロケが多く標高が高い山だと、気圧の変化で歯の神経を圧迫して痛みが強く出るそうです。

特に危険が多い登山ロケで、歯のコンディションが悪いと予期せぬアクシデントにも影響が出ますからね。そのためえ、エベレストを登るというロケがあるために歯の治療をしたと語っておられます。

本当に、お笑い芸人の域を完全に超えちゃっていますね・・・

でも、ここまで歯の治療を放っておくのは、よほど歯医者さんが嫌いなのでしょう。

自身のツイッターで「ポップコーンを食べていたら歯が抜けた」など度々報告していました。

今回の歯の治療を通して、子供達に「子供達、ちゃんと歯磨きしよう!フロスも大事!」

と発言されていました。

現在は、保険適用外の差し歯を装着されており、歯並びも綺麗になっておられます。

芸能人は「歯が命」ですからね!

今後のご活躍を期待したいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です