フィギュアの荒川静香が歌舞伎の市川染五郎との共演で話題に!

フィギャスケーターの荒川静香と高橋大輔さん、歌舞伎役者の市川染五郎さんが歌舞伎とフィギュアスケートを融合させた新感覚の舞台公演が決定し話題となっております!

 

舞台の名前は、「氷艶~破沙羅(ばさら)~」

2017年5月20日〜22日・代々木第一体育館で公演されます。

舞台には3人の他に、フィギュアスケーターの織田信成や鈴木明子、他の歌舞伎役者も参加が決定!

公演に向けて高橋大輔さんは「かっこいいものを作りたい。素晴らしいものになると確信している。また、見にきたいと思ってもらえる舞台にしたいです」といき込んだコメントを発言。

また、市川染五郎さんに「スケートを教えて欲しい」と言われると、

「僕じゃない方がいいと思います・・・」と謙遜して、照れ笑いも見せました。

女神役を演じる荒川静香さんは「まずは歌舞伎の勉強をします。一つのエンターテインメントとしてフィギャアが歌舞伎に追いつけるよう、学んでいきたい、双方がお互いに成長できる舞台にしたい」と話されていました。

また、氷上が舞台となり、プロジェクションマッピングを映し出す、豪華な映像演出も用意されている。

舞台のストーリー

舞台のストーリーは、神話の時代を舞台に、歌舞伎の善と悪のキャラクターが戦うストーリー

「善」の源義経役を務める高橋さんは「歌舞伎のファンにの方に『違うよ』と思われないよう、短い時間ですが頑張りたい」とコメント。

女神役の荒川さんも「歌舞伎の皆様の演技を学び、フィギュアがよりエンターテインメントとして根付くように全力を尽くしたい」と語っておりました。

歌舞伎とフィギャアスケートの融合でエンタメが進化!?

世の中には、何かと何かを2つ合わせることで新しいものが生まれることが良くありますよね。

例えば、ネイルアートなんてどうでしょう?

マニキュアの歴史を辿れば、実は古く、古代エジプトまで遡ってしまいます。

この長い歴史の中で、誰かポロっと口に出したんでしょうね

「爪の上もキャンパスだね。ならアート的な要素をいてれしまえ!」

そんな感じで、フィギュアスケート×歌舞伎で新しいエンタメが生まれていくのでしょうね。

 

「氷艶~破沙羅(ばさら)~」のチケット情報

チケット情報

発売開始:2017/1/21(土) 10:00~

公演期間:2017年5月20日(土)〜5月22日(月)

  1. アリーナ席:260,00円
  2. スタンドSS席:18000円
  3. スタンドS席:16,000円
  4. スタンドA席:9,000円

チケットには限りがございますのでお早めに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です