ビットコインとは何?今更聞けないことをわかりやすく説明してみた

ビットコインって聞いた事はあるけど、使った事が無い方がほとんどではないでしょうか?

ビットコインと言うくらいだから、なんか小さそう。

とかパソコン関係の用語なの?と考えたくなる所でしょう。

では実際のビットコインとは何なのかをわかりやすく説明してみました。

ビットコインとは一体なんなの?

ビットコインを一言で簡単に説明する事はちょっと難解なのですが、

いわゆるインターネット内に存在する「仮想通貨」と言われるものです。

仮想通貨は電子マネーと一緒なの?と誰もが思う所ですが、似ているようで全く別物と捉えてください。

 

電子マネーとビットコインの大きな違い

  1. 電子マネーは現金の対価として存在していますが、ビットコインはインターネットのネットワーク内でゼロから生み出される物。
  2. 電子マネーには発行元や管理先が存在しますが、ビットコインには発行責任者がいない

つまり、電子マネーとは似ていても違う物と言う事になります。

お金や株式は国や企業の判断で発行数量を増やす事ができるのに対して、

ビットコインは発行数量が決められているのでそれ以上発行する事ができないのも大きな特徴の1つです。

ビットコインは発行責任者がいないインターネット上での通貨なので、信用取引で価値が決定されます。

お金や株式は責任者(国や企業)がいます。

何らかの原因でビットコインの信用がなくなると価値がなくなりゼロになる事もありえます。

但しその責任を負う国もなければ企業も存在しないのです。

金融商品的な存在の側面が非常に大きいのですが、

実際にその日のレートでビットコインが支払いができる店舗ではビットコインを使用して、食事や買い物をする事も出来るのです。

ビットコインの仕組みとは

金やプラチナのような貴金属と同じと考えた方がわかりやすいかもしれません。

貴金属は埋蔵量(発行数量)に限りがあり、人の価値判断で取引がされる事になります。

ビットコインにも同じことが言えるのです。

ビットコインの1BTC(ビットコイン)に対しての価値判断で価格が決定していく事になる、金融商品的なものなのです。

1BTCが当初100円だった場合に「これはもうかるかもしれない」と価値判断が高い人が大量に1BTCを購入した時に1BTCの価値は高くなります。

ビットコインを購入するには、ビットコインを取引する場所があり、そこで、レートを確認してビットコインを購入する事になります。

ビットコインも貴金属を同じ様な仕組みで取引がされている仕組みになっているのです。

ビットコインのメリットや問題点

金融商品的な存在価値が大きいビットコインですが、ビットコインにはどんなメリットや問題点が存在するのでしょう

メリット

1.送金速度が早い

インターネット内での取引の為に銀行のように送金が翌日になる様な事はありません。

2.送金手数料が安い

インターネット内での取引のため、仲介するものが無い場合もあります。手数料が安く、場合によっては無料もありえます。

3.政府や銀行による搾取がされない

通貨不安や銀行による預金の凍結がされない。

ビットコインは1カ所のサーバーで管理していないために、どこにあるのかが不明。

それに責任者がいないので搾取される心配が無い。

4.支払い時の情報漏れの心配が無い

インターネットで取引する時に公開鍵と秘密鍵でのやり取りになるために第3者に情報が盗まれる事が無い。

 

デメリット

 

1.個人情報が残らない

個人情報が残らないために、コカインや麻薬の取引等の闇取引に使用される可能性が高い。

2.マネーロンダリング

こちらも個人情報が残らないためにマネーロンダリングに使用される可能性が高い。

3.国等による保証がない

仮想通貨のビットコインが何らかの原因でトラブルになっても国の保障は一切ありません。

4.投機的側面が大きい

ビットコインは投機的側面が大きい為、1BTCが10万円の場合もあれば3万円以下になる事もあり暴騰暴落の危険性が非常に高い。

 

まとめ

ビットコインについて紹介してきました。

新しい通貨として世界的に定着してきてはいますが、まだまだメリットもあれば、問題点も改善しなければならない点も多く存在しています。

ハイリスクハイリターンの側面が大きいので暴落した事を考えて投資に熱くなり過ぎないようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です