バーベキューの準備で食材量ってどれぐらい必要!?【幹事必見!】

バーベキューを行う時に肉や野菜を前もって購入しますよね。

家族でバーベキューを行うだけなら食材が多くても少なくても大丈夫でしが、

家族以外の方々を行うようになると食材が少なくても多くても問題が生じてしまいます。

食材の目安があれば問題ないのですけどね~

そこで今回は、バーベキューの準備に必要な食材の目安をまとめてみました。

バーベキューで使う肉の量はどのくらいが必要なの?

バーベキューを行うにあたって、肉の量が絶対条件になりますね。

だって途中で肉がなくなってしまったら、「もう肉ないの~」とかなりブーイングが起きてしまいます。

多少余るくらいの量があった方が安心であることは間違いありません。

では肉はどのくらいの量を確保しておいた方がいいのでしょうか。

肉ばかりがバーベキューではありませんので、野菜やソーセージなどの量にもよって、用意する肉の量は変わってきます。

【バーベキューに必要な肉の量】

大人男性 300g/人

大人女性 200g/人

中学生以上 300g/人

小学生以下 200g/人

この量があれば、ほぼ間違いなく肉は十分だと思います。

 

バーベキューに使用する野菜の量はどのくらい必要なのか?

肉の大体の量がわかった所で今度は野菜の量です。

バーベキューを行う人数をどのくらいで行うかにもよりますが、平均すると5~10人と言った所ではないでしょうか。

ほとんどが肉でお腹いっぱいになってしまうので若干少なめでも野菜は大丈夫だと思います。

バーベキューで使う野菜の量(5~10人)

玉ねぎ・・・5~6個

ニンジン・・5~6本

ジャガイモ・・5~6個

トウモロコシ・・3~4本(3等分にして焼きます)

キャベツ・・・1玉(半分は焼きそば用)

ビーマン・・・10~12個

シイタケ・・・10~15個

エリンギ・・・2~3パック

これだけ?と思うかもしれませんが意外と野菜はあっても手がなかなか出ないと思います。

 

その他のバーベキューで使用する食材

肉や野菜だけがバーベキューではありませんから一応あってもいいのでは?と言う物も紹介しておきましょう。

【その他の食材(5~10人分)】

ソーセージ・・・1~2パック

フランクフルト・・10本(半分に切ります)

エビ・・・大きい物10尾 小さい物 10~15尾

イカ・・・3杯

ほたて・・10個

焼きそば・・・2袋(6人分)

飲み物2L・・・5~6本

アルコール(350ml)・・1~2ケース

飲み物やアルコール類は余れば分けて持ち帰っても問題ありませんからね。

 

バーベキューのタレはどうする!?

そうなる問題になるのがバーベキューでなくてはならない物の一つそれはタレです。

タレがないと素材の味のみですからね。

バーベキュー用の大きなタレを購入すると味に変化が付かないので、食が進まなくなってしまう事もあります。

大きいタレを1本購入するのではなく小さいタレを数種類購入しておく方が良いと思います。

タレ意外にも味塩コショウを1缶?1ビン?あればタレ関係は問題なく足りると思います。

 

まとめ

バーベキューに必要な食材の量について紹介してきました。

一応5人~10人程度を想定していますので、それ以上の場合には参考に計算してもらって購入してもらう事になります。

アルコールも入るので、食べる方でも多少は量は落ちると思いますが、安心な量は確保しておく事が良いでしょうね。

余らないようにするのがいいのですが、万が一余った場合には持ち帰ってもらう事ができるようにジッパー付きのビニール袋があると便利かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です