バーベキュー食材で変わり種食材で子供たちを驚かせない!?オススメBBQネタ3選!!

早い方では4月の桜が咲いた位から河原でバーベキューを開始するのではないでしょうか?

多くの方はゴールデンウィークから夏休みを中心にキャンプ場や河原や海などで、バーベキューを行うと思います。

大人の方は、「お酒さえあれば!?笑」それほど毎度同じメニューでも行けるのですが

子供たちはそうは、行きませんよね~

「また~同じじゃん!」なんて言われてしまう事もあるでしょう。

そこで、今回は、普通の食材では飽きてしまった!?という方に必見の変わり種食材をピックアップしてみました。

バーベキューの食材っていつも同じ?笑

バーベキューの基本は肉・肉・野菜・肉・野菜と言う食べ方?笑

つまり肉と野菜しかないのです。

当然子供たちも同じ鉄板や網で焼かれるので、大人のとの差がほとんどありません!!

まして、タレも大びんに入ったバーベキュー用のタレでしょうから、食べ続けて来ると飽きが来ます。

そうなると子供たちの箸も止まり気味になってしまいますよね。

子ども達の事を思ってバーベキューをしようと思ったのにと「食べなさい!」なんて強要しても反感を買うだけです。

楽しく食べるために一工夫してみるのもいいかもしれませんよ。

 

バーベキューの食材にちょっと違った物をしようするだけでOK!

「違う物が食べたい」などと言われる前に大人側から違う物を先に読んで用意しておくのも手です。

当然ながら肉巻き系が多くなってしまいますがそこは我慢ですけどね。

1.肉巻ききりたんぽ

最近の冷凍食品はいろいろな物があるのでこちらを使って見てはいかがでしょう。

「きりたんぽ」です。これは火であぶって食べるものですから解凍してそのまま焼いて食べてもいいです。

これでは、つまらないと思うなら、きりたんぽにスライスの焼き肉用肉を巻いて焼きます。

肉巻風きりたんぽの完成です。

2.子どもたちとパン?を作る

パン?と言っても本格的なパンではありません。子ども達と一緒に作れる物はどうでしょう。

ホットケーキの素をしようしてパン風の物を作ります。

ホットケーキ粉に水を混ぜるだけなのですが水の分量を少し少なくして割り箸につけては、焼くを繰り返しを何回か行います。

そうするとだんだん、ホットケーキの素も膨らんできますので、ある程度の大きさになったら完成です。

味はホットケーキですから子どもたちの口にも合うでしょう。

3.ちょっとリッチなスイーツ

リンゴがあればリンゴを使います。

リンゴを半分又は1/4に切ってホイルに包んで炭火の横に放置しておきます。

ある程度火が通ったところで、バーターと砂糖、好みでシナモンを振りかければ焼きリンゴの完成です。

普段家で食べれないですからきっと子供も大喜びのはずです。

 

まとめ

バーベキューの食材でちょっと目先を変えた物をいくつか紹介してきました。

子ども達の事を考えれば、こう言う工夫も必要かもしれませんね。笑

それに、一緒に作れる物も紹介してありますので、違ったバーベキューの楽しみ方も覚えてくれるのではないでしょうか。

今回の紹介した物以外でも、餃子をやいてもいいですし、焼き芋を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

結構何を作るかを考えることだけでも楽しめるのではないでしょうか。

また、他にも面白いものを見つけたのでぜひご覧ください!

https://youtu.be/N5-M9xyF7SY

BBQでは絶対にやらない絶品メニュー【チーズフォンデュ編】|@Heaaart(アットハート)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クロネコ

こんにちは!クロネコという名前でこのブログを運営しています! リアルな仕事では、英語を使った接客業・英会話講師をしています。 めっちゃ面倒くさがりで飽き性な私でもできた英語勉強法を、このブログに訪れてくれたあなただけお届けします♪