潮干狩りで獲ったあさりの砂抜き・塩抜きを簡単にする50℃洗いの失敗しない方法!

こんにちは!

理学療法士として活動している「マッキー」といいます!

毎日12時間労働の激務と人間関係で疲れ切っていた毎日を過ごしていました・・・。

 

唯一の楽しみが、コンビニ弁当とスイーツのやけ食い。

気がつくと体重はブクブクと太っていき、

体型の変化が自信を奪っていき、ネガティブマインドに。。。

こんなんじゃ、一回しかない人生を後悔してしまう!!

そんな危機感が芽生えたため思い切ってダイエットをスタート

体型が原因でいじられキャラになった男の下克上物語をブログにしています!

ダイエット下克上物語を公開中

管理人のダイエット物語は詳しくはこちらをクリック!

ダイエットサイトもやっています!

管理人のダイエット物語は詳しくはこちらをクリック!

 

さぁ、潮干狩りに行ったらそのあと待っているのは・・・

そう!あさりの砂抜きですね。

 

せっかく、潮干狩りでとった

アサリを美味しく食べたいなら絶対に外せない作業ですよね〜

 

でもでも、

ちょっと面倒くさいのが本音ですw

だって、どうやっていいのかわかりませんもんね。。

 

ちゃ〜んと、砂抜きしないと

アサリを食べたらガリっと砂噛んじゃったり・・・

 

塩抜きができていないと、

食べてみいたら、塩辛かったりと・・・

 

せっかくとった、あさりもおいしさ半減ですよね。。。

潮干狩りって、アサリを取ってから食べるまでが楽しみですよね??

ですので、砂抜き・塩向きが失敗しないように勉強していきましょう!

スポンサーリンク

潮干狩りに使える!アサリの塩抜きを早くする方法とは?

 

 

スーパーなどで販売しているアサリは既に砂抜きや塩抜きがされていますが、

潮干狩りで取ってきたアサリは、当然ながら塩抜きと砂抜きが必要になります。

 

ぶっちゃけた話・・・

砂抜き・塩抜きってなんのこっちゃ?て感じなのですが、

海からとってきた、アサリって土の中&海水に澄んでいるわけですから、

そりゃ食べるためには、砂抜き・塩抜きが必要なのです。

(言っていることが当たりすぎw)

 

 

普通は、砂抜きと塩抜きは別々に行います。

底上げした平たいバットにアサリを重ねないように並べて濃度が3%ほどの塩水に1日漬けておき、

それから塩抜きをします。塩抜きは新聞の上にアサリを並べて置き、

1時間くらい放置するだけで勝手に、自ら塩を吐きだしてくれます。

 

これでようやく美味しく調理する事が出来るのですが、

これだとどうしても時間が非常に掛かってしまいます。^^;

 

塩分濃度が3パーセントって、どのぐらいかもわからんし。

 

この両方を同時に行える方法は無いかと思いますよね〜〜

 

しかし!!

実はこの両方を同時に行える方法があるのです。

それは「50度洗い」と言う方法です。

 

50度洗いの仕方

 

1.約50度のお湯を用意する。

50度ぴったりの方が効果的の様ですから、調理用の温度計があればそれで温度を計ってください。

 

2.アサリを浸ける

アサリが重ならない様な平たくて底がある程度深いものを用意します。

アサリを並べてそこに50度のお湯を注ぎこみます。

そうするとアサリは口を開いて呼吸器官を出し、砂や塩分を履きだします。5分~20分程度で吐きだします。

 

3.アサリを取りだす

砂や塩が出しきった状態になったら、アサリを取りだします。

この時に水で外側の汚れを洗い流して下さい。

これで完成です!!

 

この方法なら短時間で砂抜きと塩抜きを行えるので、かなり有効に時間を使えると思います。

もっとわかりやすく、動画をご用意しました!

 

 

失敗しないようにするにはどうしたらいいの?

 

この短時間で砂抜きと塩抜きが出来る50度洗いで失敗や注意する点がいくつかあります。

 

1.温度は約50度をキープ

アサリを浸けておくと、どうしても温度が低下していきます。

温度が下がると砂や塩が充分に吐きださない可能性があります。

温度を50度以上にしてしまうとアサリが完全に口を開いてしまう場合もあるので、

温度計で50度をキープするようにする必要があります。

 

2.やけどに気をつける

50度と言うと基本的には素手では、触れる温度ではありません。

アサリを取りだす時やお湯を注ぐ時にはやけどに注意する必要があります。

 

また50度洗いが終わった直後のアサリもかなり熱いので、

水で洗い流す時にはゴム手袋などを着用して流水で洗い流しましょう。

 

まとめ

 

今までは、時間が掛かってしまい、

その日のうちに食べると言う事がなかなかできなかったと思います。

 

ついつい、急いで食べたくて調理しても、

砂抜き・塩抜きがうまくできないと美味しくなかったり・・

 

今回紹介した50度洗いの方法なら、

獲ってきたその日に美味しくアサリを食べる事ができますよ♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です