水道橋博士と爆問太田光の共演NG,不仲の理由はビートたけしが原因!?ついに25年ぶりの共演が決定するが・・・

人間であれば、どうしても分かり合えない人や性格的に無理な人っていますよね〜

学校や職場でもそんな人間関係に悩んでいる方も多いと思います。

 

不仲説といえば、浅草キッドと水道橋博士と爆笑問題の太田光さんが

長年の因縁関係にありましたが、19年ぶりにテレビで共演されるとのことが話題になっています!

 

19年という長い期間共演NGって相当なことが無いとありえませんよね〜

どんな事件、原因があったのでしょうか?

気になってみたので、19年間のなが〜い因縁についてリサーチしてみました!

19年間も共演NGは、ビートたけしが関係している!?

 

私も「水道橋博士」と「太田光」さんが不仲だったということは知らなかったのですが・・・

(そもそも、リアルタイムでみていないw)

不仲説の理由は、水道橋博士の師匠であるビートたけしさんが関係しているそうです。

 

事の発端は、25年前にまで遡るのです!

 

爆笑問題は、ビートたけしのお気に入りだった!?

 

水道橋博士は、「浅草キッド」というコンビで活躍しており、

ビートたけしさんのお弟子さんであることは、有名ですよね〜

 

25年前というと、ビートたけしさんがバリバリテレビ番組の最前線で活躍していた頃でしょう。

 

そして、ビートたけしさんは、ラジオのパーソナリティを務めていたのですが、

よく休んでいたとのこと(笑)

 

羨ましいですよね〜

それぐらい、ビートたけしさんが大御所すぎて休んでも文句を言われなかったのでしょう。

そのへんの一般タレントがそんなことしたら干されますからね(笑)

 

そのよく休んでいたラジオで、代役としてパーソナリティを任されていたのが、

ビートたけしさんのお気に入りであった、「爆笑問題」だったのです。

 

そんで、問題となったのがトラブルメーカーの太田光さんだったのです。

代役を任されたのをいい気になり、

「浅草キッドの、ざまぁみろ!来るなら来やがれ、浅草キッド!」

って、ラジオ番組で言ったもんだから、水道橋博士はブチ切れたのです!

 

そりゃ、ビートたけしさんの弟子でもあるのに代役に選ばれなかったということを、

声には出していませんが、絶対にいい思いをしていなかったはずです。

 

自分も、同じ立場だったら思うでしょうね〜

なんで師匠は弟子に任せずに、別のコンビに仕事を任せるのかって・・・

そんなことを思っている中で、太田さんが挑発してきたわけですから、水道橋博士に同情しちゃいますね。

まぁ、太田光さんは、ちょっと人間として欠落している部分がありますからね・・・

(そこがタレントとしての強みでもあるけどね)

そして、ついに25年ぶりに共演を果たすが・・・

そして、なんと25年ぶりに水道橋博士と爆問太田さんが地上波テレビで共演することになったのですが、

しかし、同席するはずのビートたけしさんがまさかの無断欠席をしてしまったのです。

 

おそらく、ビートたけしさんはわざと番組を欠席したのではないのかと考えます。

その理由としては、25年間の因縁を取り除くためにだとか?

 

ビートたけしさんが来ないと、太田さんと水道橋博士さんだけで番組を回さなければなりませんし・・・

しかも、無断欠席したおかげで番組の知名度も爆発的に上がったわけですしね!

 

どこまでが計算かは、わかりませんが考え抜かれたことだったら流石ですよね〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です