七五三お参りのタイミングは,いつからいつまで!?服装や作法マナーは!?

七五三のお祝いって実際のところいつから、いつまでにお参りに行くか知っていますか?

日本の伝統的な行事といえ、詳しく説明はできない・・・

 

マナーや作法があるとは、わかっていますが正直知らないので、

今回は、七五三のマナーや期間をリサーチしてみました!

七五三のお参りに行くタイミングは?

 

まずは、基本的な七五三の知識からおさらいしていきましょう!

どのタイミングでお参りに行けばいいのでしょうか??

男の子と女の子の違い

 

・3歳:男の子 女の子

・5歳:男の子

・7歳:女の子

 

このように、男女各2回ずつ行います。

ただ、子供が男女いる場合は、家族全員の記念撮影にどちらも映るわけですから、

実質、3・5・7と3回やるようなものかもしれません(主役ではない、というだけで)。

 

七五三の正しい時期っていつなの?

実は、お参りの時期の性別による違いはありません!

正式には11月15日だそうですが、この日が土日祝日に当たることは少ないですから、

一般的には、10月中頃~11月中頃の間のどこかで行われています。

 

親の休日が土日祝日とは限らないと思いますが、

やはりそのあたりが一番多いです。3歳はいいとしても、

5歳は幼稚園、7歳は小学校とそれぞれ土日祝日お休みがベースになっていますから、

どうしても避けられなくなりますね。

 

写真撮影だけ早めにするのはアリみたいですよ!

写真屋さんは、6月頃からの早期撮影会などを受け付けているようですので、

ご近所の写真館で確認するとよいでしょう。

 

ただ、あまり前倒しにすると、我が子の誕生日前、つまりお祝いの年齢に未達ということになる場合も。

それが気にならないのであれば早期撮影は問題ありません(笑)

 

子供・大人それぞれの服装は、どんなものがいいの!?

 

昔は厳格に決められていたらしく、今でも羽二重だの友禅だのといったことにこだわりを見せる人がいるようです。

 

大まかな決め事として、「きちっとした服装」という、かなり漠然としたものはあります。

和装・洋装問わず、記念日にふさわしい恰好ならOKと考えればよいでしょう!

 

夫婦は統一した方がいいですが、例えば親が洋服・子供は和服というのでも構わないようです。

男の子は和服で女の子は洋服という家庭もあります。

 

親子ともども、男性の洋服は必ずネクタイ着用だそうです!

 

ネクタイの色柄は、紺・青など常識的な色の無地か、或いはチェック・ストライプといった無難な柄で収めましょう。

おとなは子供より目立ちますので、我が子から主役の座を奪わないようご注意ください。

 

まとめ

 

今回は、七五三のマナーや、お参りの時期、服装は??

と言うテーマでお届けしました!

正直、わたしも含めて昔の人に比べると、日本の行事について知らない方って多いのでは無いでしょうか??

ぜひ、今回の記事の参考にしていただいて、七五三を迎えてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です